16歳アイドル自殺、両親の未払い賃金請求を棄却…地裁「労働者」と認めず

愛媛県を拠点にアイドル活動をしていた大本萌景(ほのか)さん(当時16歳)が2018年3月に自殺した問題を巡り、萌景さんの両親が「娘は最低賃金以下で働かされた」として、所属事務所「Hプロジェクト」(松山市)に計約8万8000円の未払い賃金を支払うよう求めた訴訟で、東京地裁は7日、請求を棄却する判決を言い渡した。
佐藤卓裁判官は「萌景さんが法的な『労働者』だったとはいえず、最低賃金制度は適用されない」と判断した。
判決によると、萌景さんは15年に同事務所と契約し、グループで地元特産品のPRイベントなどに参加。原告側は「事務所が指定したイベントは欠席が許されない契約形態になっており、強固な指揮命令関係があった」などと主張したが、判決は「事務所指定のイベントを欠席したこともあり、萌景さんにイベント参加を選ぶ自由がなかったわけではない」と退けた。
判決後、東京都内で記者会見した原告側の弁護士は「イベントへの出欠を自分で決められたという点だけで労働者性を否定しており、不当な判決だ」と述べ、控訴する意向を示した。
萌景さんの自殺を巡っては、事務所側のパワハラや過重労働が原因だとする両親が、別の損害賠償請求訴訟を起こしているほか、事務所側も両親や代理人弁護士を反訴している。