工藤会トップ判決 福岡地検は控訴せず

市民襲撃4事件で殺人などの罪に問われた特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)のトップで総裁の野村悟被告(74)に求刑通りの死刑、ナンバー2で会長の田上(たのうえ)不美夫被告(65)に無期懲役を言い渡した福岡地裁判決に対し、福岡地検は7日、控訴しない方針を明らかにした。
死刑判決の工藤会トップ、裁判長に「後悔するぞ」
地検は、4事件のうち元福岡県警警部銃撃事件について利益獲得の目的があったと主張し、田上被告には無期懲役に加え罰金2000万円も求刑。8月24日の地裁判決で罰金は退けられたが、両被告の4事件への関与について「おおむね意見が受け入れられた」としている。両被告は既に福岡高裁に控訴している。