自称「令和のドンキホーテ」 改造拳銃所持 なぜ発覚?

帽子をかぶり、青空のもとを歩く男。
自らを「令和のドンキホーテ」と名乗る男が、銃刀法違反の疑いで逮捕された。
逮捕されたのは、高田広司容疑者(70)。 中学校の元教師。
高田容疑者は2021年7月、自宅に改造拳銃を8丁、模造拳銃を2丁、あわせて10丁を所持した疑いが持たれている。
自宅のタンスから出てきた改造拳銃は、本物の拳銃と同様に殺傷能力があるという。
なぜ、改造拳銃などを所持しているのが発覚したのか。
高田容疑者は、改造拳銃を使い、ビスケットなどを撃つ動画をYouTubeに投稿していたため、所持が発覚した。
警視庁の調べに対して、高田容疑者は「購入したモデルガンを自分で改造した」と供述していて、容疑を認めているという。