龍馬銃やムスカの銃も…70歳元教員、改造拳銃所持の疑いで逮捕

殺傷能力のある改造拳銃などを所持したとして、警視庁は、名古屋市天白区植田東3丁目の無職、高田広司容疑者(70)を銃刀法違反(複数所持、模造拳銃所持)容疑で逮捕し、10日発表した。
同庁の調べに容疑を認めているという。
高田容疑者は名古屋市立中学校の元教員で、改造拳銃を発砲する動画をYouTubeにアップしていたとみられるという。
組織犯罪対策5課によると、高田容疑者は7月5日、自宅で改造拳銃8丁と模造拳銃2丁を所持した疑いがある。改造拳銃は購入した合法のモデルガンを自分で加工したものという。 改造拳銃には、坂本龍馬が愛用していたとされる「龍馬銃」を模したものや、アニメ映画「天空の城ラピュタ」の悪役ムスカ大佐が使う拳銃を模したものもあった。同庁が検証した結果、ベニヤ板4枚を貫通する殺傷能力があるものも含まれていたという。
2月ごろ、YouTubeにビール缶やビスケットを撃ち抜く動画がアップされているのを、同庁がサイバーパトロールで発見した。その後の捜査で、高田容疑者の関与が浮上した。