河野太郎人気に陰り ネット空間で功績問う声続出「何やったっけ?」

河野太郎行政改革担当相(58)は10日に自民党総裁選(17日告示、29日投開票)の立候補表明を行う。党内ではこれを受けたネット上の悪印象に「負のイメージが付き始めた」と動揺が走っている。
河野氏といえば、政治家一家に生まれ育った政界サラブレッドで知名度が抜群。SNSで自身の政策発信を続けており、党内の若手議員を中心に人気を集める。
ところが河野氏の立候補表明をめぐっては9日、ネット上で「功績がない。あえて言うならハンコ? 左寄り思想が目立ちすぎで、日本を守りたい意思が感じらない」「反原発、女系天皇容認、移民受け入れのリベラル派」と正体についてのコメントが目立ち始めている。
党内ではこれらネットの声を注視。総裁選期間中まで続けば「ガタッと来るかもしれません」(自民党関係者)と警戒しているという。
「週刊誌でエネルギー庁の幹部職員を怒鳴りつけたパワハラ疑惑が報じられた。ネットではネガティブに受け止められていますね」(同関係者)
総裁選に向けてポスト菅をめぐる動きはすでに立候補を表明した岸田文雄前政調会長(64)と高市早苗前総務相(60)が水面下で支持を広げており、混戦模様だ。
「総裁選はネトウヨと呼ばれている方たちが、高市氏を支持しています。同僚議員たちも勝ち馬に乗りたいがためにネットの声を参考にしています」とは自民党関係者。
河野氏はエゴサーチを欠かさない一方、アンチの声をブロックすることでも話題となった。果たしてそうした気質が総裁選でどう出るか。