高市早苗氏を怒鳴り続けた記者は有名な怒号男小池都知事やバッハ会長にもヤジ

高市早苗前総務相の総裁選出馬表明会見で、勃発した怒号騒動が波紋を広げている。
8日に行われた会見で、報道関係者の男性が学校法人「森友学園」をめぐる問題について「再調査するんですか? 一言答えてください! 聞こえてるんでしょ? 一言!」と語気を荒げて質問。高市氏が「一人の公務員の方が大変追い詰められ、命を絶った本当に気の毒な事件でございました。こういった改ざんが絶対に起こらない体制を作る」などと返すと、この男性は「安倍晋三前首相への忖度か!」「安倍氏の傀儡(かいらい)ではないか!」と怒鳴り続けたという。
別の報道関係者からも「やめろよ」「ルール守れよ」と制止する大声が飛び交う中で、高市氏は「そこまでやじり倒さないでください」と大人の対応に終始したが、ネットでは大きな話題になった。翌9日には、国際政治学者の三浦瑠麗氏が自身のツイッターで「高市氏が答えたあとにも叫び続ける意味がわからん。逆に氏を当選させたいのだとしか思えない」と皮肉るほどだった。
テレビ局関係者によれば、この男性はフリー記者で怒号男として有名人だという。
「五輪前の都庁会見でも、小池都知事に『五輪はやるんですか!』と叫んでましたね。ただ、その場の感情に任せて叫んでいるわけではないと思いますよ。ヤジる言葉を書いたメモを見ながら、叫んでいますから。まあ、いつも噛んでしまうので、その対策でメモを見ながら叫んでいるのかもしれません」(前同) ちなみに、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が都庁を訪れた際は、英語で書かれたメモを見ながら「うそつき!」と叫んでいたという。 今後もさまざまな会見で注目を集めそうだ。
ちなみに、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が都庁を訪れた際は、英語で書かれたメモを見ながら「うそつき!」と叫んでいたという。 今後もさまざまな会見で注目を集めそうだ。
今後もさまざまな会見で注目を集めそうだ。