岸田文雄氏「スタッフのミス」厚労省「複数大臣制」ツイート削除「バイキング」で釈明

次期自民党総裁選への出馬を表明している岸田文雄前政調会長が9日、フジテレビ系「バイキングMORE」に生出演。6日に自身の公式ツイッターで、厚生労働省について「当面、複数大臣制」とつぶやいたにも関わらず、直後に削除した件を聞かれ「スタッフのミス」と話した。
岸田氏はこの件について質問されると、「これはね、えーっと、単純なミスであります。だから下ろしたんですが」と釈明。続けて「総裁選挙に向けて、毎日毎日、若手の国会議員を中心に、政策の議論、どうしようか、と絶えず毎日議論している。厚生労働省は、コロナとの戦いもあるし、ずいぶん、幅広い分野を持ってるね、そして大臣は1人で大変だろうなという議論があった。しかし、一方で経済政策等で新たなポストも必要だと言っている。これみんな言ってたらポストまた増やすだけになるから、よく整理して議論をしなきゃいけないね、と言っていたら、その途中でスタッフのミスで、このツイッターで発信されてしまった」と経緯を説明した。
さらに「これはまずいなと、すぐ取り下げたんだけど、ぜび今の議論を整理して、必要なポストはなんなのか、そして組織として不必要に大きくなったら、それは申し訳ない話だから、必要最低限の組織、そして効果的な組織のあり方を吟味して、新たに発信したいと思っている」と語った。
これに対して、出演しているフジテレビの伊藤利尋アナウンサーは「我々、勘ぐりましたから、ミスはないようにしていただきたい」とツッコむと、岸田氏は「すいません、ご迷惑をおかけしました」と頭を下げた。
岸田氏は、ツイッターで6日に厚生労働省の体制について、「当面は複数大臣制とし、その上で、他省庁との統合や分割についても検討していく」とツイート。すぐに削除され、その後、別の内容を投稿した。