歩道にタクシー、1人死亡5人重軽傷 運転手の体調異変が影響か

11日午後4時20分ごろ、東京都千代田区九段南1丁目の都道(内堀通り)で、個人タクシーが自転車や歩行者をはねた。
警視庁によると、歩道にいた小林久美子さん(73)=東京都品川区大崎3丁目=が死亡。タクシーの山本斉(ひとし)運転手(64)=東京都杉並区井草2丁目=は意識不明の重体で、乗客の30代男性も重傷を負った。自転車の40代男性と女児(9)、歩いていた60代女性もけがをして搬送された。
現場は片側2車線の直線道路。町署によると、左車線を走っていたタクシーが歩道近くの自転車に接触してセンターラインに寄っていき、直後に突然ハンドルを左に切って歩道に突っ込んだ。歩行者をはねた後、街路樹にぶつかって止まったという。警視庁は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いがあるとみて調べている。
捜査関係者によると、事故の目撃者は「正常な運転ではなかった」と証言しているという。署は、山本運転手の体調の異変が事故につながった可能性があるとみて調べている。
現場は東京メトロ九段下駅の南東約300メートルで、千代田区役所の目の前。