タクシーが歩道に突っ込む事故 重体だった70代女性が死亡 東京・九段

11日、東京・千代田区でタクシーが歩道に突っ込み、6人がケガをした事故で、意識不明だった70代女性の死亡が確認された。

【映像】目撃者「自転車の親子と接触していた」
警視庁などによると午後4時20分ごろ、通行人から「千代田区役所前で人がはねられた。タクシーと歩行者の事故です」と119番通報があった。現場ではタクシーが歩道の街路樹に突っ込んだ状態で停まっていた。
この事故で、先ほど歩行者の70代女性の死亡が確認され、また、タクシー運転手の60代男性が意識不明の重体で、乗客の30代男性が重傷。そのほか自転車に乗っていた9歳の女の子と40代の父親、60代の女性の3人がけがをした。