五輪選手村のベッド、大阪の臨時医療施設で活用へ

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、大阪府が整備する臨時医療施設について、吉村洋文知事は11日、東京五輪・パラリンピックの選手村で使われたベッドを活用する考えを明らかにした。
このベッドのメーカーから寄贈の申し出があったという。記者団の取材に語った。
府は、大阪市住之江区の国際展示場「インテックス大阪」に1千床規模の臨時医療施設を設置する計画だ。このうちの軽症・無症状向け800床で選手村のベッドを使う方向で調整しているという。吉村知事は「施設に入られる方のQOL(生活の質)を高めるのは我々の基本的なコンセプト。費用も下がり、品質の高いベッドを使えるのはありがたい」と話した。
府は9月中にも軽症・無症状向け500床の運用を始める予定。施設の整備や運営を担う事業者を13日に発表するという。(添田樹紀)