緊急事態宣言下の「婚活パーティー」にこっそり参加する人々の本音

国立社会保障・人口問題研究所が数年おきに行っている「結婚と出産に関する全国調査」(2015年、次回は2021年実施予定)によると、いずれは結婚しようと考える未婚者は男性85.7%、女性89.3%。そのうち異性の交際相手を持たない未婚者は男性69.8%、女性59.1%にのぼる。結婚したい人が相手と出会うために利用できるサービスの一つに婚活イベントやパーティーがあるが、それらも現在はコロナ対策で軒並みオンライン化している。しかしいま、あえてリアルで出会える婚活パーティーに出席する人たちと、彼ら彼女らを取り巻くものについてライターの森鷹久氏がレポートする。
【写真】コロナが落ち着くのを待てない
* * * 結婚したいのにしていない理由として、若い人の場合は経済的理由が最も大きなものだろう。だが、年齢があがるにつれ、相手に出会えていないことがもっとも大きな障壁となる。長引くコロナ禍で様々なモノ・コトがストップし、生活に大きな支障をきたすなか、出会いを求めている人たちにとっても大きな問題が生じているという。婚活パーティーなどもコロナ対応でオンライン化しているが、オンラインでは出会いづらく、自分のアピールもうまくゆかないと悩む中年の男女たちだ。彼ら、彼女たちのなかには、緊急事態宣言だろうがマンボウだろうが「出会いは今しかない」という強い思いで、密かに開催される数少ないパーティーに参加し続ける人たちもいる。
「正直、こんな大変な時に参加してる女性ってどうなの? とは思いますけど、それは自分も一緒なわけで。もう時間ないんですよね、年齢的にも。参加している女性も大体30~40代とか、彼女たちも時間はないでしょうからね……」 自身の境遇だけでなく、コロナ禍の婚活パーティーに参加する女性も「分析」してみせたのは千葉県在住の会社経営・野間裕人さん(仮名・40代後半)。聞けば、一昨年まで、週末はほぼ婚活パーティーという日々だった。だが昨年、一度目の緊急事態宣言以降、ほぼ全てのパーティーが中止に追い込まれたという。「出会い」に飢えた野間さんは、苦手意識からやってこなかった「オンライン」にも移行しようと試みた。だが、リアルの婚活パーティーのように納得がいく成果を得られないことがわかっただけだった。「マッチングアプリもやりましたよ、でも、全然会えないし、若い子ばかり。メッセージ送るのにもお金かかるし、サクラだっているかもしれない。我々世代にとって『出会い系で結婚する』というのはまだ違和感もあるし、やはりパーティーだなと」(野間さん) 手っ取り早く生身の人間と出会えるのがパーティーのメリットか?とド直球で問えば「まあ、そういう気がないわけではない」と顔を赤らめる野間さん。以前は対面の形で「出会えた」ものが、当たり前にできなくなった途端「一人で死ぬのか」という侘しさが野間さんを襲ったと、正直な思いを吐露する。「結婚しなかった方が悪い、と言われたら反論はできません。でも、仕事や部下の教育など、どうにかこうにかやり抜いて、やっと今婚活ができている状態なんです」(野間さん) 以前のパーティーは、会議室などに集められた男女が対面式に設置された椅子に座り、男性が横にずれながら5分間ずつ女性と話す、というようなパターンが多かったというが、最近は銀行の窓口みたいなブース越しにしか会話できない状態だ。さらに、相手との間にはフィルム状のものが貼ってあり、以前ほど女性を吟味できないことが不満なのだと力説する。「30代後半までずっと仕事しかしてこなくて、本当に『気がついたら一人』という状態でした。それでも、まだ大丈夫じゃないかという気持ちもあって、この2~3年で決めたいと考えていたんです。コロナで婚活ができなくなるなんて、想像すらしていませんでしたから」(野間さん) 男性側がこうなのだから、婚活パーティーに足繁く通う女性側からも悲痛な訴えが聞こえてくる。埼玉県在住の会社員・山口香代子さん(仮名・40代前半)が置かれた境遇も、なかなか切実なものだ。「友人の紹介で男性と食事をしたり、ゆるい婚活はやっていました。実は、もうそろそろ結婚はしたいと思っていたし、多少理想とは違っていても、価値観の合う男性の友人はいましたから、結婚できない、相手がいない、という焦りはなかったんです。でも、コロナで仕事が在宅になり職場へ行くこともなくなり、お酒どころか、食事したり、コーヒーを飲むことすらなくなりました」(山口さん) その結果、山口さんは「結婚に対する不安」を強く抱くようになった。「アラフォーでも遅いと言われていたのに、もうすぐアラフィフ。コロナが落ち着くのを待っていたらもう結婚できない、子供も無理かも知れないと思い、ちょっといいなと思っていた男性を誘ったりもしたんです。でも、話すのはコロナとか不景気の話ばっかり。将来の話よりも、今どうするかという話ばかりで、結婚相手として考えられる人がいなくなっていました」(山口さん) そこで、山口さんも「マッチングアプリ」に手を出してみるのだが、うまくいかない。いや、うまくいかないというより、こういう方法で出逢おうとする男性の素性が気になって仕方なく、メッセージが届いても返信する気になれなかったという。だから行き着いたのが「婚活パーティー」だった。「緊急事態宣言下なので、マスクをしてブースごとに仕切る形にするなど対策は取られていますが、自分を含めて、なんでこの時期に婚活してるんだ、とはお互いが思っているでしょうね(笑)。でも、命の危機だからこそ結婚したい、子供を残したいっていう本能なんじゃないかと思います。実際、パーティーはいろんなところでこっそり開催されていますし、クローズドのSNSコミュニティの中では、開催情報が飛び交っていますから」(山口さん) もちろん、人が集まることを避けている、こんな時期に婚活パーティーをするなんてけしからん、という指摘はもっともな側面もある。山口さんが参加したパーティーも、人数は限られているとはいえ、狭い部屋に集められた十数人の男女が会話し続ける、という実態であることには変わりない。一次会の後にはお互い「お気に入り」ということでカップル成立と相成り、外に飲み直しに行った男女もいた。これらの行為が「リスクが高い」行動だと指摘されるのは当然にも思える。 だが、彼らにとって「出会いの機会」は不要不急ではなく今でなければ間に合わないことで、コロナ禍だろうと気にしていられない、というのも偽らざる本音だ。山口さんが続ける。「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
自身の境遇だけでなく、コロナ禍の婚活パーティーに参加する女性も「分析」してみせたのは千葉県在住の会社経営・野間裕人さん(仮名・40代後半)。聞けば、一昨年まで、週末はほぼ婚活パーティーという日々だった。だが昨年、一度目の緊急事態宣言以降、ほぼ全てのパーティーが中止に追い込まれたという。「出会い」に飢えた野間さんは、苦手意識からやってこなかった「オンライン」にも移行しようと試みた。だが、リアルの婚活パーティーのように納得がいく成果を得られないことがわかっただけだった。「マッチングアプリもやりましたよ、でも、全然会えないし、若い子ばかり。メッセージ送るのにもお金かかるし、サクラだっているかもしれない。我々世代にとって『出会い系で結婚する』というのはまだ違和感もあるし、やはりパーティーだなと」(野間さん) 手っ取り早く生身の人間と出会えるのがパーティーのメリットか?とド直球で問えば「まあ、そういう気がないわけではない」と顔を赤らめる野間さん。以前は対面の形で「出会えた」ものが、当たり前にできなくなった途端「一人で死ぬのか」という侘しさが野間さんを襲ったと、正直な思いを吐露する。「結婚しなかった方が悪い、と言われたら反論はできません。でも、仕事や部下の教育など、どうにかこうにかやり抜いて、やっと今婚活ができている状態なんです」(野間さん) 以前のパーティーは、会議室などに集められた男女が対面式に設置された椅子に座り、男性が横にずれながら5分間ずつ女性と話す、というようなパターンが多かったというが、最近は銀行の窓口みたいなブース越しにしか会話できない状態だ。さらに、相手との間にはフィルム状のものが貼ってあり、以前ほど女性を吟味できないことが不満なのだと力説する。「30代後半までずっと仕事しかしてこなくて、本当に『気がついたら一人』という状態でした。それでも、まだ大丈夫じゃないかという気持ちもあって、この2~3年で決めたいと考えていたんです。コロナで婚活ができなくなるなんて、想像すらしていませんでしたから」(野間さん) 男性側がこうなのだから、婚活パーティーに足繁く通う女性側からも悲痛な訴えが聞こえてくる。埼玉県在住の会社員・山口香代子さん(仮名・40代前半)が置かれた境遇も、なかなか切実なものだ。「友人の紹介で男性と食事をしたり、ゆるい婚活はやっていました。実は、もうそろそろ結婚はしたいと思っていたし、多少理想とは違っていても、価値観の合う男性の友人はいましたから、結婚できない、相手がいない、という焦りはなかったんです。でも、コロナで仕事が在宅になり職場へ行くこともなくなり、お酒どころか、食事したり、コーヒーを飲むことすらなくなりました」(山口さん) その結果、山口さんは「結婚に対する不安」を強く抱くようになった。「アラフォーでも遅いと言われていたのに、もうすぐアラフィフ。コロナが落ち着くのを待っていたらもう結婚できない、子供も無理かも知れないと思い、ちょっといいなと思っていた男性を誘ったりもしたんです。でも、話すのはコロナとか不景気の話ばっかり。将来の話よりも、今どうするかという話ばかりで、結婚相手として考えられる人がいなくなっていました」(山口さん) そこで、山口さんも「マッチングアプリ」に手を出してみるのだが、うまくいかない。いや、うまくいかないというより、こういう方法で出逢おうとする男性の素性が気になって仕方なく、メッセージが届いても返信する気になれなかったという。だから行き着いたのが「婚活パーティー」だった。「緊急事態宣言下なので、マスクをしてブースごとに仕切る形にするなど対策は取られていますが、自分を含めて、なんでこの時期に婚活してるんだ、とはお互いが思っているでしょうね(笑)。でも、命の危機だからこそ結婚したい、子供を残したいっていう本能なんじゃないかと思います。実際、パーティーはいろんなところでこっそり開催されていますし、クローズドのSNSコミュニティの中では、開催情報が飛び交っていますから」(山口さん) もちろん、人が集まることを避けている、こんな時期に婚活パーティーをするなんてけしからん、という指摘はもっともな側面もある。山口さんが参加したパーティーも、人数は限られているとはいえ、狭い部屋に集められた十数人の男女が会話し続ける、という実態であることには変わりない。一次会の後にはお互い「お気に入り」ということでカップル成立と相成り、外に飲み直しに行った男女もいた。これらの行為が「リスクが高い」行動だと指摘されるのは当然にも思える。 だが、彼らにとって「出会いの機会」は不要不急ではなく今でなければ間に合わないことで、コロナ禍だろうと気にしていられない、というのも偽らざる本音だ。山口さんが続ける。「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
「マッチングアプリもやりましたよ、でも、全然会えないし、若い子ばかり。メッセージ送るのにもお金かかるし、サクラだっているかもしれない。我々世代にとって『出会い系で結婚する』というのはまだ違和感もあるし、やはりパーティーだなと」(野間さん) 手っ取り早く生身の人間と出会えるのがパーティーのメリットか?とド直球で問えば「まあ、そういう気がないわけではない」と顔を赤らめる野間さん。以前は対面の形で「出会えた」ものが、当たり前にできなくなった途端「一人で死ぬのか」という侘しさが野間さんを襲ったと、正直な思いを吐露する。「結婚しなかった方が悪い、と言われたら反論はできません。でも、仕事や部下の教育など、どうにかこうにかやり抜いて、やっと今婚活ができている状態なんです」(野間さん) 以前のパーティーは、会議室などに集められた男女が対面式に設置された椅子に座り、男性が横にずれながら5分間ずつ女性と話す、というようなパターンが多かったというが、最近は銀行の窓口みたいなブース越しにしか会話できない状態だ。さらに、相手との間にはフィルム状のものが貼ってあり、以前ほど女性を吟味できないことが不満なのだと力説する。「30代後半までずっと仕事しかしてこなくて、本当に『気がついたら一人』という状態でした。それでも、まだ大丈夫じゃないかという気持ちもあって、この2~3年で決めたいと考えていたんです。コロナで婚活ができなくなるなんて、想像すらしていませんでしたから」(野間さん) 男性側がこうなのだから、婚活パーティーに足繁く通う女性側からも悲痛な訴えが聞こえてくる。埼玉県在住の会社員・山口香代子さん(仮名・40代前半)が置かれた境遇も、なかなか切実なものだ。「友人の紹介で男性と食事をしたり、ゆるい婚活はやっていました。実は、もうそろそろ結婚はしたいと思っていたし、多少理想とは違っていても、価値観の合う男性の友人はいましたから、結婚できない、相手がいない、という焦りはなかったんです。でも、コロナで仕事が在宅になり職場へ行くこともなくなり、お酒どころか、食事したり、コーヒーを飲むことすらなくなりました」(山口さん) その結果、山口さんは「結婚に対する不安」を強く抱くようになった。「アラフォーでも遅いと言われていたのに、もうすぐアラフィフ。コロナが落ち着くのを待っていたらもう結婚できない、子供も無理かも知れないと思い、ちょっといいなと思っていた男性を誘ったりもしたんです。でも、話すのはコロナとか不景気の話ばっかり。将来の話よりも、今どうするかという話ばかりで、結婚相手として考えられる人がいなくなっていました」(山口さん) そこで、山口さんも「マッチングアプリ」に手を出してみるのだが、うまくいかない。いや、うまくいかないというより、こういう方法で出逢おうとする男性の素性が気になって仕方なく、メッセージが届いても返信する気になれなかったという。だから行き着いたのが「婚活パーティー」だった。「緊急事態宣言下なので、マスクをしてブースごとに仕切る形にするなど対策は取られていますが、自分を含めて、なんでこの時期に婚活してるんだ、とはお互いが思っているでしょうね(笑)。でも、命の危機だからこそ結婚したい、子供を残したいっていう本能なんじゃないかと思います。実際、パーティーはいろんなところでこっそり開催されていますし、クローズドのSNSコミュニティの中では、開催情報が飛び交っていますから」(山口さん) もちろん、人が集まることを避けている、こんな時期に婚活パーティーをするなんてけしからん、という指摘はもっともな側面もある。山口さんが参加したパーティーも、人数は限られているとはいえ、狭い部屋に集められた十数人の男女が会話し続ける、という実態であることには変わりない。一次会の後にはお互い「お気に入り」ということでカップル成立と相成り、外に飲み直しに行った男女もいた。これらの行為が「リスクが高い」行動だと指摘されるのは当然にも思える。 だが、彼らにとって「出会いの機会」は不要不急ではなく今でなければ間に合わないことで、コロナ禍だろうと気にしていられない、というのも偽らざる本音だ。山口さんが続ける。「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
手っ取り早く生身の人間と出会えるのがパーティーのメリットか?とド直球で問えば「まあ、そういう気がないわけではない」と顔を赤らめる野間さん。以前は対面の形で「出会えた」ものが、当たり前にできなくなった途端「一人で死ぬのか」という侘しさが野間さんを襲ったと、正直な思いを吐露する。「結婚しなかった方が悪い、と言われたら反論はできません。でも、仕事や部下の教育など、どうにかこうにかやり抜いて、やっと今婚活ができている状態なんです」(野間さん) 以前のパーティーは、会議室などに集められた男女が対面式に設置された椅子に座り、男性が横にずれながら5分間ずつ女性と話す、というようなパターンが多かったというが、最近は銀行の窓口みたいなブース越しにしか会話できない状態だ。さらに、相手との間にはフィルム状のものが貼ってあり、以前ほど女性を吟味できないことが不満なのだと力説する。「30代後半までずっと仕事しかしてこなくて、本当に『気がついたら一人』という状態でした。それでも、まだ大丈夫じゃないかという気持ちもあって、この2~3年で決めたいと考えていたんです。コロナで婚活ができなくなるなんて、想像すらしていませんでしたから」(野間さん) 男性側がこうなのだから、婚活パーティーに足繁く通う女性側からも悲痛な訴えが聞こえてくる。埼玉県在住の会社員・山口香代子さん(仮名・40代前半)が置かれた境遇も、なかなか切実なものだ。「友人の紹介で男性と食事をしたり、ゆるい婚活はやっていました。実は、もうそろそろ結婚はしたいと思っていたし、多少理想とは違っていても、価値観の合う男性の友人はいましたから、結婚できない、相手がいない、という焦りはなかったんです。でも、コロナで仕事が在宅になり職場へ行くこともなくなり、お酒どころか、食事したり、コーヒーを飲むことすらなくなりました」(山口さん) その結果、山口さんは「結婚に対する不安」を強く抱くようになった。「アラフォーでも遅いと言われていたのに、もうすぐアラフィフ。コロナが落ち着くのを待っていたらもう結婚できない、子供も無理かも知れないと思い、ちょっといいなと思っていた男性を誘ったりもしたんです。でも、話すのはコロナとか不景気の話ばっかり。将来の話よりも、今どうするかという話ばかりで、結婚相手として考えられる人がいなくなっていました」(山口さん) そこで、山口さんも「マッチングアプリ」に手を出してみるのだが、うまくいかない。いや、うまくいかないというより、こういう方法で出逢おうとする男性の素性が気になって仕方なく、メッセージが届いても返信する気になれなかったという。だから行き着いたのが「婚活パーティー」だった。「緊急事態宣言下なので、マスクをしてブースごとに仕切る形にするなど対策は取られていますが、自分を含めて、なんでこの時期に婚活してるんだ、とはお互いが思っているでしょうね(笑)。でも、命の危機だからこそ結婚したい、子供を残したいっていう本能なんじゃないかと思います。実際、パーティーはいろんなところでこっそり開催されていますし、クローズドのSNSコミュニティの中では、開催情報が飛び交っていますから」(山口さん) もちろん、人が集まることを避けている、こんな時期に婚活パーティーをするなんてけしからん、という指摘はもっともな側面もある。山口さんが参加したパーティーも、人数は限られているとはいえ、狭い部屋に集められた十数人の男女が会話し続ける、という実態であることには変わりない。一次会の後にはお互い「お気に入り」ということでカップル成立と相成り、外に飲み直しに行った男女もいた。これらの行為が「リスクが高い」行動だと指摘されるのは当然にも思える。 だが、彼らにとって「出会いの機会」は不要不急ではなく今でなければ間に合わないことで、コロナ禍だろうと気にしていられない、というのも偽らざる本音だ。山口さんが続ける。「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
「結婚しなかった方が悪い、と言われたら反論はできません。でも、仕事や部下の教育など、どうにかこうにかやり抜いて、やっと今婚活ができている状態なんです」(野間さん) 以前のパーティーは、会議室などに集められた男女が対面式に設置された椅子に座り、男性が横にずれながら5分間ずつ女性と話す、というようなパターンが多かったというが、最近は銀行の窓口みたいなブース越しにしか会話できない状態だ。さらに、相手との間にはフィルム状のものが貼ってあり、以前ほど女性を吟味できないことが不満なのだと力説する。「30代後半までずっと仕事しかしてこなくて、本当に『気がついたら一人』という状態でした。それでも、まだ大丈夫じゃないかという気持ちもあって、この2~3年で決めたいと考えていたんです。コロナで婚活ができなくなるなんて、想像すらしていませんでしたから」(野間さん) 男性側がこうなのだから、婚活パーティーに足繁く通う女性側からも悲痛な訴えが聞こえてくる。埼玉県在住の会社員・山口香代子さん(仮名・40代前半)が置かれた境遇も、なかなか切実なものだ。「友人の紹介で男性と食事をしたり、ゆるい婚活はやっていました。実は、もうそろそろ結婚はしたいと思っていたし、多少理想とは違っていても、価値観の合う男性の友人はいましたから、結婚できない、相手がいない、という焦りはなかったんです。でも、コロナで仕事が在宅になり職場へ行くこともなくなり、お酒どころか、食事したり、コーヒーを飲むことすらなくなりました」(山口さん) その結果、山口さんは「結婚に対する不安」を強く抱くようになった。「アラフォーでも遅いと言われていたのに、もうすぐアラフィフ。コロナが落ち着くのを待っていたらもう結婚できない、子供も無理かも知れないと思い、ちょっといいなと思っていた男性を誘ったりもしたんです。でも、話すのはコロナとか不景気の話ばっかり。将来の話よりも、今どうするかという話ばかりで、結婚相手として考えられる人がいなくなっていました」(山口さん) そこで、山口さんも「マッチングアプリ」に手を出してみるのだが、うまくいかない。いや、うまくいかないというより、こういう方法で出逢おうとする男性の素性が気になって仕方なく、メッセージが届いても返信する気になれなかったという。だから行き着いたのが「婚活パーティー」だった。「緊急事態宣言下なので、マスクをしてブースごとに仕切る形にするなど対策は取られていますが、自分を含めて、なんでこの時期に婚活してるんだ、とはお互いが思っているでしょうね(笑)。でも、命の危機だからこそ結婚したい、子供を残したいっていう本能なんじゃないかと思います。実際、パーティーはいろんなところでこっそり開催されていますし、クローズドのSNSコミュニティの中では、開催情報が飛び交っていますから」(山口さん) もちろん、人が集まることを避けている、こんな時期に婚活パーティーをするなんてけしからん、という指摘はもっともな側面もある。山口さんが参加したパーティーも、人数は限られているとはいえ、狭い部屋に集められた十数人の男女が会話し続ける、という実態であることには変わりない。一次会の後にはお互い「お気に入り」ということでカップル成立と相成り、外に飲み直しに行った男女もいた。これらの行為が「リスクが高い」行動だと指摘されるのは当然にも思える。 だが、彼らにとって「出会いの機会」は不要不急ではなく今でなければ間に合わないことで、コロナ禍だろうと気にしていられない、というのも偽らざる本音だ。山口さんが続ける。「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
以前のパーティーは、会議室などに集められた男女が対面式に設置された椅子に座り、男性が横にずれながら5分間ずつ女性と話す、というようなパターンが多かったというが、最近は銀行の窓口みたいなブース越しにしか会話できない状態だ。さらに、相手との間にはフィルム状のものが貼ってあり、以前ほど女性を吟味できないことが不満なのだと力説する。「30代後半までずっと仕事しかしてこなくて、本当に『気がついたら一人』という状態でした。それでも、まだ大丈夫じゃないかという気持ちもあって、この2~3年で決めたいと考えていたんです。コロナで婚活ができなくなるなんて、想像すらしていませんでしたから」(野間さん) 男性側がこうなのだから、婚活パーティーに足繁く通う女性側からも悲痛な訴えが聞こえてくる。埼玉県在住の会社員・山口香代子さん(仮名・40代前半)が置かれた境遇も、なかなか切実なものだ。「友人の紹介で男性と食事をしたり、ゆるい婚活はやっていました。実は、もうそろそろ結婚はしたいと思っていたし、多少理想とは違っていても、価値観の合う男性の友人はいましたから、結婚できない、相手がいない、という焦りはなかったんです。でも、コロナで仕事が在宅になり職場へ行くこともなくなり、お酒どころか、食事したり、コーヒーを飲むことすらなくなりました」(山口さん) その結果、山口さんは「結婚に対する不安」を強く抱くようになった。「アラフォーでも遅いと言われていたのに、もうすぐアラフィフ。コロナが落ち着くのを待っていたらもう結婚できない、子供も無理かも知れないと思い、ちょっといいなと思っていた男性を誘ったりもしたんです。でも、話すのはコロナとか不景気の話ばっかり。将来の話よりも、今どうするかという話ばかりで、結婚相手として考えられる人がいなくなっていました」(山口さん) そこで、山口さんも「マッチングアプリ」に手を出してみるのだが、うまくいかない。いや、うまくいかないというより、こういう方法で出逢おうとする男性の素性が気になって仕方なく、メッセージが届いても返信する気になれなかったという。だから行き着いたのが「婚活パーティー」だった。「緊急事態宣言下なので、マスクをしてブースごとに仕切る形にするなど対策は取られていますが、自分を含めて、なんでこの時期に婚活してるんだ、とはお互いが思っているでしょうね(笑)。でも、命の危機だからこそ結婚したい、子供を残したいっていう本能なんじゃないかと思います。実際、パーティーはいろんなところでこっそり開催されていますし、クローズドのSNSコミュニティの中では、開催情報が飛び交っていますから」(山口さん) もちろん、人が集まることを避けている、こんな時期に婚活パーティーをするなんてけしからん、という指摘はもっともな側面もある。山口さんが参加したパーティーも、人数は限られているとはいえ、狭い部屋に集められた十数人の男女が会話し続ける、という実態であることには変わりない。一次会の後にはお互い「お気に入り」ということでカップル成立と相成り、外に飲み直しに行った男女もいた。これらの行為が「リスクが高い」行動だと指摘されるのは当然にも思える。 だが、彼らにとって「出会いの機会」は不要不急ではなく今でなければ間に合わないことで、コロナ禍だろうと気にしていられない、というのも偽らざる本音だ。山口さんが続ける。「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
「30代後半までずっと仕事しかしてこなくて、本当に『気がついたら一人』という状態でした。それでも、まだ大丈夫じゃないかという気持ちもあって、この2~3年で決めたいと考えていたんです。コロナで婚活ができなくなるなんて、想像すらしていませんでしたから」(野間さん) 男性側がこうなのだから、婚活パーティーに足繁く通う女性側からも悲痛な訴えが聞こえてくる。埼玉県在住の会社員・山口香代子さん(仮名・40代前半)が置かれた境遇も、なかなか切実なものだ。「友人の紹介で男性と食事をしたり、ゆるい婚活はやっていました。実は、もうそろそろ結婚はしたいと思っていたし、多少理想とは違っていても、価値観の合う男性の友人はいましたから、結婚できない、相手がいない、という焦りはなかったんです。でも、コロナで仕事が在宅になり職場へ行くこともなくなり、お酒どころか、食事したり、コーヒーを飲むことすらなくなりました」(山口さん) その結果、山口さんは「結婚に対する不安」を強く抱くようになった。「アラフォーでも遅いと言われていたのに、もうすぐアラフィフ。コロナが落ち着くのを待っていたらもう結婚できない、子供も無理かも知れないと思い、ちょっといいなと思っていた男性を誘ったりもしたんです。でも、話すのはコロナとか不景気の話ばっかり。将来の話よりも、今どうするかという話ばかりで、結婚相手として考えられる人がいなくなっていました」(山口さん) そこで、山口さんも「マッチングアプリ」に手を出してみるのだが、うまくいかない。いや、うまくいかないというより、こういう方法で出逢おうとする男性の素性が気になって仕方なく、メッセージが届いても返信する気になれなかったという。だから行き着いたのが「婚活パーティー」だった。「緊急事態宣言下なので、マスクをしてブースごとに仕切る形にするなど対策は取られていますが、自分を含めて、なんでこの時期に婚活してるんだ、とはお互いが思っているでしょうね(笑)。でも、命の危機だからこそ結婚したい、子供を残したいっていう本能なんじゃないかと思います。実際、パーティーはいろんなところでこっそり開催されていますし、クローズドのSNSコミュニティの中では、開催情報が飛び交っていますから」(山口さん) もちろん、人が集まることを避けている、こんな時期に婚活パーティーをするなんてけしからん、という指摘はもっともな側面もある。山口さんが参加したパーティーも、人数は限られているとはいえ、狭い部屋に集められた十数人の男女が会話し続ける、という実態であることには変わりない。一次会の後にはお互い「お気に入り」ということでカップル成立と相成り、外に飲み直しに行った男女もいた。これらの行為が「リスクが高い」行動だと指摘されるのは当然にも思える。 だが、彼らにとって「出会いの機会」は不要不急ではなく今でなければ間に合わないことで、コロナ禍だろうと気にしていられない、というのも偽らざる本音だ。山口さんが続ける。「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
男性側がこうなのだから、婚活パーティーに足繁く通う女性側からも悲痛な訴えが聞こえてくる。埼玉県在住の会社員・山口香代子さん(仮名・40代前半)が置かれた境遇も、なかなか切実なものだ。「友人の紹介で男性と食事をしたり、ゆるい婚活はやっていました。実は、もうそろそろ結婚はしたいと思っていたし、多少理想とは違っていても、価値観の合う男性の友人はいましたから、結婚できない、相手がいない、という焦りはなかったんです。でも、コロナで仕事が在宅になり職場へ行くこともなくなり、お酒どころか、食事したり、コーヒーを飲むことすらなくなりました」(山口さん) その結果、山口さんは「結婚に対する不安」を強く抱くようになった。「アラフォーでも遅いと言われていたのに、もうすぐアラフィフ。コロナが落ち着くのを待っていたらもう結婚できない、子供も無理かも知れないと思い、ちょっといいなと思っていた男性を誘ったりもしたんです。でも、話すのはコロナとか不景気の話ばっかり。将来の話よりも、今どうするかという話ばかりで、結婚相手として考えられる人がいなくなっていました」(山口さん) そこで、山口さんも「マッチングアプリ」に手を出してみるのだが、うまくいかない。いや、うまくいかないというより、こういう方法で出逢おうとする男性の素性が気になって仕方なく、メッセージが届いても返信する気になれなかったという。だから行き着いたのが「婚活パーティー」だった。「緊急事態宣言下なので、マスクをしてブースごとに仕切る形にするなど対策は取られていますが、自分を含めて、なんでこの時期に婚活してるんだ、とはお互いが思っているでしょうね(笑)。でも、命の危機だからこそ結婚したい、子供を残したいっていう本能なんじゃないかと思います。実際、パーティーはいろんなところでこっそり開催されていますし、クローズドのSNSコミュニティの中では、開催情報が飛び交っていますから」(山口さん) もちろん、人が集まることを避けている、こんな時期に婚活パーティーをするなんてけしからん、という指摘はもっともな側面もある。山口さんが参加したパーティーも、人数は限られているとはいえ、狭い部屋に集められた十数人の男女が会話し続ける、という実態であることには変わりない。一次会の後にはお互い「お気に入り」ということでカップル成立と相成り、外に飲み直しに行った男女もいた。これらの行為が「リスクが高い」行動だと指摘されるのは当然にも思える。 だが、彼らにとって「出会いの機会」は不要不急ではなく今でなければ間に合わないことで、コロナ禍だろうと気にしていられない、というのも偽らざる本音だ。山口さんが続ける。「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
「友人の紹介で男性と食事をしたり、ゆるい婚活はやっていました。実は、もうそろそろ結婚はしたいと思っていたし、多少理想とは違っていても、価値観の合う男性の友人はいましたから、結婚できない、相手がいない、という焦りはなかったんです。でも、コロナで仕事が在宅になり職場へ行くこともなくなり、お酒どころか、食事したり、コーヒーを飲むことすらなくなりました」(山口さん) その結果、山口さんは「結婚に対する不安」を強く抱くようになった。「アラフォーでも遅いと言われていたのに、もうすぐアラフィフ。コロナが落ち着くのを待っていたらもう結婚できない、子供も無理かも知れないと思い、ちょっといいなと思っていた男性を誘ったりもしたんです。でも、話すのはコロナとか不景気の話ばっかり。将来の話よりも、今どうするかという話ばかりで、結婚相手として考えられる人がいなくなっていました」(山口さん) そこで、山口さんも「マッチングアプリ」に手を出してみるのだが、うまくいかない。いや、うまくいかないというより、こういう方法で出逢おうとする男性の素性が気になって仕方なく、メッセージが届いても返信する気になれなかったという。だから行き着いたのが「婚活パーティー」だった。「緊急事態宣言下なので、マスクをしてブースごとに仕切る形にするなど対策は取られていますが、自分を含めて、なんでこの時期に婚活してるんだ、とはお互いが思っているでしょうね(笑)。でも、命の危機だからこそ結婚したい、子供を残したいっていう本能なんじゃないかと思います。実際、パーティーはいろんなところでこっそり開催されていますし、クローズドのSNSコミュニティの中では、開催情報が飛び交っていますから」(山口さん) もちろん、人が集まることを避けている、こんな時期に婚活パーティーをするなんてけしからん、という指摘はもっともな側面もある。山口さんが参加したパーティーも、人数は限られているとはいえ、狭い部屋に集められた十数人の男女が会話し続ける、という実態であることには変わりない。一次会の後にはお互い「お気に入り」ということでカップル成立と相成り、外に飲み直しに行った男女もいた。これらの行為が「リスクが高い」行動だと指摘されるのは当然にも思える。 だが、彼らにとって「出会いの機会」は不要不急ではなく今でなければ間に合わないことで、コロナ禍だろうと気にしていられない、というのも偽らざる本音だ。山口さんが続ける。「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
その結果、山口さんは「結婚に対する不安」を強く抱くようになった。「アラフォーでも遅いと言われていたのに、もうすぐアラフィフ。コロナが落ち着くのを待っていたらもう結婚できない、子供も無理かも知れないと思い、ちょっといいなと思っていた男性を誘ったりもしたんです。でも、話すのはコロナとか不景気の話ばっかり。将来の話よりも、今どうするかという話ばかりで、結婚相手として考えられる人がいなくなっていました」(山口さん) そこで、山口さんも「マッチングアプリ」に手を出してみるのだが、うまくいかない。いや、うまくいかないというより、こういう方法で出逢おうとする男性の素性が気になって仕方なく、メッセージが届いても返信する気になれなかったという。だから行き着いたのが「婚活パーティー」だった。「緊急事態宣言下なので、マスクをしてブースごとに仕切る形にするなど対策は取られていますが、自分を含めて、なんでこの時期に婚活してるんだ、とはお互いが思っているでしょうね(笑)。でも、命の危機だからこそ結婚したい、子供を残したいっていう本能なんじゃないかと思います。実際、パーティーはいろんなところでこっそり開催されていますし、クローズドのSNSコミュニティの中では、開催情報が飛び交っていますから」(山口さん) もちろん、人が集まることを避けている、こんな時期に婚活パーティーをするなんてけしからん、という指摘はもっともな側面もある。山口さんが参加したパーティーも、人数は限られているとはいえ、狭い部屋に集められた十数人の男女が会話し続ける、という実態であることには変わりない。一次会の後にはお互い「お気に入り」ということでカップル成立と相成り、外に飲み直しに行った男女もいた。これらの行為が「リスクが高い」行動だと指摘されるのは当然にも思える。 だが、彼らにとって「出会いの機会」は不要不急ではなく今でなければ間に合わないことで、コロナ禍だろうと気にしていられない、というのも偽らざる本音だ。山口さんが続ける。「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
「アラフォーでも遅いと言われていたのに、もうすぐアラフィフ。コロナが落ち着くのを待っていたらもう結婚できない、子供も無理かも知れないと思い、ちょっといいなと思っていた男性を誘ったりもしたんです。でも、話すのはコロナとか不景気の話ばっかり。将来の話よりも、今どうするかという話ばかりで、結婚相手として考えられる人がいなくなっていました」(山口さん) そこで、山口さんも「マッチングアプリ」に手を出してみるのだが、うまくいかない。いや、うまくいかないというより、こういう方法で出逢おうとする男性の素性が気になって仕方なく、メッセージが届いても返信する気になれなかったという。だから行き着いたのが「婚活パーティー」だった。「緊急事態宣言下なので、マスクをしてブースごとに仕切る形にするなど対策は取られていますが、自分を含めて、なんでこの時期に婚活してるんだ、とはお互いが思っているでしょうね(笑)。でも、命の危機だからこそ結婚したい、子供を残したいっていう本能なんじゃないかと思います。実際、パーティーはいろんなところでこっそり開催されていますし、クローズドのSNSコミュニティの中では、開催情報が飛び交っていますから」(山口さん) もちろん、人が集まることを避けている、こんな時期に婚活パーティーをするなんてけしからん、という指摘はもっともな側面もある。山口さんが参加したパーティーも、人数は限られているとはいえ、狭い部屋に集められた十数人の男女が会話し続ける、という実態であることには変わりない。一次会の後にはお互い「お気に入り」ということでカップル成立と相成り、外に飲み直しに行った男女もいた。これらの行為が「リスクが高い」行動だと指摘されるのは当然にも思える。 だが、彼らにとって「出会いの機会」は不要不急ではなく今でなければ間に合わないことで、コロナ禍だろうと気にしていられない、というのも偽らざる本音だ。山口さんが続ける。「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
そこで、山口さんも「マッチングアプリ」に手を出してみるのだが、うまくいかない。いや、うまくいかないというより、こういう方法で出逢おうとする男性の素性が気になって仕方なく、メッセージが届いても返信する気になれなかったという。だから行き着いたのが「婚活パーティー」だった。「緊急事態宣言下なので、マスクをしてブースごとに仕切る形にするなど対策は取られていますが、自分を含めて、なんでこの時期に婚活してるんだ、とはお互いが思っているでしょうね(笑)。でも、命の危機だからこそ結婚したい、子供を残したいっていう本能なんじゃないかと思います。実際、パーティーはいろんなところでこっそり開催されていますし、クローズドのSNSコミュニティの中では、開催情報が飛び交っていますから」(山口さん) もちろん、人が集まることを避けている、こんな時期に婚活パーティーをするなんてけしからん、という指摘はもっともな側面もある。山口さんが参加したパーティーも、人数は限られているとはいえ、狭い部屋に集められた十数人の男女が会話し続ける、という実態であることには変わりない。一次会の後にはお互い「お気に入り」ということでカップル成立と相成り、外に飲み直しに行った男女もいた。これらの行為が「リスクが高い」行動だと指摘されるのは当然にも思える。 だが、彼らにとって「出会いの機会」は不要不急ではなく今でなければ間に合わないことで、コロナ禍だろうと気にしていられない、というのも偽らざる本音だ。山口さんが続ける。「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
「緊急事態宣言下なので、マスクをしてブースごとに仕切る形にするなど対策は取られていますが、自分を含めて、なんでこの時期に婚活してるんだ、とはお互いが思っているでしょうね(笑)。でも、命の危機だからこそ結婚したい、子供を残したいっていう本能なんじゃないかと思います。実際、パーティーはいろんなところでこっそり開催されていますし、クローズドのSNSコミュニティの中では、開催情報が飛び交っていますから」(山口さん) もちろん、人が集まることを避けている、こんな時期に婚活パーティーをするなんてけしからん、という指摘はもっともな側面もある。山口さんが参加したパーティーも、人数は限られているとはいえ、狭い部屋に集められた十数人の男女が会話し続ける、という実態であることには変わりない。一次会の後にはお互い「お気に入り」ということでカップル成立と相成り、外に飲み直しに行った男女もいた。これらの行為が「リスクが高い」行動だと指摘されるのは当然にも思える。 だが、彼らにとって「出会いの機会」は不要不急ではなく今でなければ間に合わないことで、コロナ禍だろうと気にしていられない、というのも偽らざる本音だ。山口さんが続ける。「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
もちろん、人が集まることを避けている、こんな時期に婚活パーティーをするなんてけしからん、という指摘はもっともな側面もある。山口さんが参加したパーティーも、人数は限られているとはいえ、狭い部屋に集められた十数人の男女が会話し続ける、という実態であることには変わりない。一次会の後にはお互い「お気に入り」ということでカップル成立と相成り、外に飲み直しに行った男女もいた。これらの行為が「リスクが高い」行動だと指摘されるのは当然にも思える。 だが、彼らにとって「出会いの機会」は不要不急ではなく今でなければ間に合わないことで、コロナ禍だろうと気にしていられない、というのも偽らざる本音だ。山口さんが続ける。「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
だが、彼らにとって「出会いの機会」は不要不急ではなく今でなければ間に合わないことで、コロナ禍だろうと気にしていられない、というのも偽らざる本音だ。山口さんが続ける。「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
「コロナのせいで出会いがなくなった、というのは事実かもしれませんが、それに対して誰が保証してくれるわけでもなく、ただ時間だけが過ぎていきます。コロナは怖い、でもずっと一人で生き続けるのはもっと怖い。若いうちに遊びすぎたんでしょ、なんて言ってくる人もいますが、家族の介護があり、どうしても実家から離れられなかったんです。だから、本当に『今』しかないんです」(山口さん) こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
こうして「切実な人たち」が生み出されると、そこに群がるのは悪意を持った輩たちだ。都内のレストラン関係者が打ち明ける。「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
「婚活パーティーと称し、飲食店を借り上げてくれる業者がいて、コロナで瀕死の状態だった我々も喜んでいました。でも、開催されるパーティーの男性参加者の中には、どう見てもホストっぽい人がいたり、街でよく見かける風俗系のスカウトがいたり、およそ結婚相手を探しているとは思えない立ち居振る舞いの人が何人もいて、めちゃくちゃでした。何回かやっていただいたんですが、三回目には『前回のパーティーで騙された』と主催者に詰め寄る女性が何人もいました。お金は支払ってもらったので店への金銭的被害はありませんでしたが、女性の中にも、詐欺師みたいな人がいたらしいということで、店長が警察に話を聞かれたこともありました。業者自体が、まともじゃなかったんですよ」(都内のレストラン関係者) コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
コロナ対策のために三密を避けること、会食するとしても少人数で黙食を心がけることと言われるなか、お互いの人となりを短時間で知りたい婚活パーティーは、おおっぴらに参加するとは言いづらいイベントだ。法律に違反しているわけではないけれど、後ろ暗い気持ちがつきまとうときは、トラブルに遭っても人に打ち明けたり相談したりしづらい。その気持ちはごく当たり前のものだが、その結果、自分を守るための行動が鈍くなることにつけ込む人たちが出現するのだ。 人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。
人の心が弱る瞬間を狙う人たちにとって、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で制限が多くなっている今は、ビジネスチャンスだらけらしい。実際に今回、婚活パーティーでの体験を語ってくれた人たちは、真面目に切実に結婚を考えている人ばかりで、コロナ対策のことは頭をよぎっても、真剣な人たちを陥れる事業者たちが不届き者なのは間違いない。切実な人が集う場所だからこそ、さまざまな落とし穴がある、ということだけは、事実として頭の隅にでも置いて欲しいと思う。