猛烈な台風14号 日曜から沖縄の先島諸島に接近 その後、東へ 西日本に影響の恐れ

猛烈な台風14号は12日(日)から沖縄の先島諸島にかなり接近するでしょう。電柱が倒壊するほどの猛烈な風が吹く恐れ。16日(木)頃から東に進路を変え、西日本などにも影響を与える恐れがあります。
台風14号の進路

11日(土)、猛烈な台風14号はフィリピンの東を北北西へ進んでいます。台風は発達のピークを迎えており、中心気圧は905hPa、中心付近の最大風速は60m/sです。台風14号は今後も北よりに進み、12日(日)から13日(月)にかけて、暴風域を伴ったまま沖縄の先島諸島にかなり接近する見込みです。今回の台風はコンパクトですが、発達しており、接近すると急に雨や風が強まる恐れがあります。
先島諸島を中心に大荒れの恐れ

先島諸島では風が強まり、特に八重山地方では12日(日)夕方から猛烈な風が吹くでしょう。予想される最大風速(最大瞬間風速)11日(土)八重山地方:18m/s(30m/s)宮古島地方:15m/s(25m/s)12日(日)八重山地方:45m/s(65m/s)宮古島地方:20m/s(30m/s)13日(月)八重山地方:40から50m/s(55~70m/s)宮古島地方:20から24m/s(25~35m/s)過去に接近した台風では、風速40m/s以上の猛烈な風が吹くと電柱の倒壊や車両の横転、住家の倒壊などの被害が発生しています。風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒してください。また、先島諸島では12日(日)から台風周辺の発達した雨雲がかかり、大雨となる所があるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。台風の進路等によっては12日(日)から13日(月)は警報級の大雨となる恐れがあります。先島諸島の海上では12日(日)から大しけとなり、八重山地方では猛烈なしけとなるでしょう。沖縄本島地方では、13日(月)から大しけとなる見込みです。海岸付近には近づかないようにしてください。最新の台風情報を確認し、早めの台風対策が必要です。
西日本に影響の恐れも台風の北上に伴って、台風周辺の湿った空気が流れ込み、来週は西日本付近でも雨雲が発達する恐れがあります。また、台風14号は15日(水)に東シナ海でほとんど停滞したあと、16日(木)には進路を東に変える可能性があります。まだ予報円は大きく、進路の予想に幅があるような状況ですが、九州など西日本に直接的な影響を与える恐れもあります。今後も最新の台風情報にご注意ください。改めてハザードマップの確認や非常持ち出し袋の確認をすると良いでしょう。
台風の北上に伴って、台風周辺の湿った空気が流れ込み、来週は西日本付近でも雨雲が発達する恐れがあります。また、台風14号は15日(水)に東シナ海でほとんど停滞したあと、16日(木)には進路を東に変える可能性があります。まだ予報円は大きく、進路の予想に幅があるような状況ですが、九州など西日本に直接的な影響を与える恐れもあります。今後も最新の台風情報にご注意ください。改めてハザードマップの確認や非常持ち出し袋の確認をすると良いでしょう。
台風の北上に伴って、台風周辺の湿った空気が流れ込み、来週は西日本付近でも雨雲が発達する恐れがあります。また、台風14号は15日(水)に東シナ海でほとんど停滞したあと、16日(木)には進路を東に変える可能性があります。まだ予報円は大きく、進路の予想に幅があるような状況ですが、九州など西日本に直接的な影響を与える恐れもあります。今後も最新の台風情報にご注意ください。改めてハザードマップの確認や非常持ち出し袋の確認をすると良いでしょう。