中高生の「自転車事故」、ワースト1位の県はどこ?

自転車の安全利用促進委員会は9月10日、「2020年の全国都道府県別の中学生・高校生の通学時における自転車事故発生件数」に関する調査結果を発表した。
調査結果は以下の通り。まず、「中高生の通学時の自転車事故」に関して、全国計の1万人当たりの自転車事故の推移を見ると、2020年は「中学生」(19.8%)、「高校生」(19.5%)と前年に比べ減少した。
中高生の通学時の自転車事故」
次に、「中学生の通学時の1万人当たり自転車事故件数ランキング」を都道府県別で見ると、ワースト1位「香川県」、2位「群馬県」、3位「徳島県」、4位「高知県」、5位「岡山県」だった。
中学生の通学時の1万人当たり自転車事故件数ランキング
また、「高校生の通学時の1万人当たり自転車事故件数ランキング」を都道府県別で見ると、ワースト1位「群馬県」、2位「静岡県」、3位「宮崎県」、4位「香川県」、5位「徳島県」だった。