ソフトバンクに是正命令=携帯契約で違法手続き―総務省

総務省は10日、携帯電話の契約で本人確認する際に違法な手続きをしていたとして、ソフトバンクに対し是正命令を出したと発表した。
ソフトバンクは「厳粛に受け止める」とのコメントを出した。
総務省などによると、2019年3月から9月にかけて、ソフトバンクの元社員=諭旨退職=は家電量販店で第三者の運転免許証などを不正に利用して回線契約を結んでいた。問題の契約は39件に上る。既に契約はすべて解約され、悪用された形跡は確認されていない。元社員は量販店の営業担当者で、ブローカーとみられる人物に不正行為を持ち掛けられたという。
契約した心当たりのない人からソフトバンクに対して問い合わせがあり、今回の事態が発覚した。同社が是正命令を受けるのは17年以来3回目。