大津市保健所でクラスター コロナ対応部署の職員ら5人が感染

大津市は12日、市保健所の職員5人が新型コロナウイルスに感染し、クラスター(感染者集団)が発生したと発表した。いずれも軽症。うち3人はコロナ対応の部署に所属しているが、保健所の業務に影響はないという。
【承認ワクチン3社】接種間隔や年齢、有効性の違い
市によると、感染が確認された他の2人は、派遣会社を通じて採用されている事務職員。9日にうち1人の陽性が判明したため、市は濃厚接触者らに対するPCR検査を実施している。
佐藤健司市長は12日夕に急きょ記者会見し、「感染者対応の拠点である保健所でこうした事態となり、市民にご心配をおかけしたことをおわび申し上げる」と述べた。【庭田学】