6人死傷タクシー事故 死亡した女性の遺族が胸の内

東京・千代田区でタクシーが歩行者らをはね、6人が死傷した事故で、亡くなった女性の弟が、「苦しまなかったのが唯一の救い」と複雑な胸の内を明かしました。
亡くなった小林さんの弟:「講師の方を送りに下におりていってタクシーに乗せようとしたところ、ほぼ即死だと(聞いた)。あまり苦しんでないのかもしれないなというのが唯一の救い」
11日、千代田区役所の前でタクシーが、路上を走る自転車の親子にぶつかった後、歩道に突っ込みました。
歩道にいた小林久美子さん(73)が死亡し、タクシー運転手の山本斉さん(64)も12日朝に亡くなりました。
小林さんの弟は久美子さんがタクシーと衝突し、20メートル近く飛ばされたと説明を受けたということです。
事故ではこのほか自転車の親子ら4人が重軽傷を負っています。