海老名の畑で物置小屋が全焼 焼け跡から身元不明の遺体

12日午前7時半ごろ、神奈川県海老名市上今泉3丁目の畑にある物置小屋から火が出ていると、近くに住む男性(63)から119番通報があった。木造平屋の小屋が全焼し、焼け跡から身元不明の遺体1体が見つかった。海老名署で遺体の身元と出火原因を調べている。
同署によると、畑は綾瀬市の無職男性(73)が所有し、出火当時は不在だった。農作業は海老名市在住の70代の知人男性と分担していた。
出火当日は知人男性が担当する日で、現場近くには知人男性の身分証などが入ったリュックサックが落ちており、連絡が取れていないという。
小屋の中に置いてあった農機具の周辺が激しく燃えているという。