交際相手を路上に倒しけがさせた消防士を逮捕

札幌・北警察署は11日、石狩市に住む石狩消防署の消防副士長の男(27)を傷害の疑いで逮捕しました。
男は11日午前2時ごろ、札幌市北区麻生町3丁目の路上で、交際する30代女性の髪の毛をつかんで引き倒すなどの暴行を加えて、けがをさせた疑いが持たれています。
女性は右ひじや尻を打撲するなどの軽傷です。
警察によりますと、女性が北警察署に被害を届け出たことから事件が発覚し、男の逮捕に至りました。
調べに対し、男は女性を路上に押し倒したことについては認めているものの、「髪の毛をつかんで引き倒したりはしていない」と容疑を一部否認しています。
逮捕をうけて、男が所属する石狩北部地区消防事務組合の消防長は「職員が逮捕されたことは極めて遺憾であり、職員に対し指導を徹底し、再発防止に努める」とコメントを発表しています。