台風14号、与那国島が暴風域に 沖縄・先島諸島は夜まで厳重警戒

2021/09/12 11:03 ウェザーニュース
12日(日)9時現在、非常に強い台風14号(チャンスー)は、暴風域を伴って与那国島の南西約110kmを北北東に進んでいます。10時推定で与那国島は暴風域に入る予想です。台風は発達のピークを過ぎているものの、今日の夜にかけて与那国島の西の海上を通過します。与那国島や石垣島など八重山地方では外出危険レベルの暴風雨やうねりを伴った高波に厳重な警戒が必要です。▼台風14号 9月12日(日)10時推定 存在地域   与那国島の南西約80km 大きさ階級  // 強さ階級   非常に強い 移動     北北東 20 km/h 中心気圧   935 hPa 最大風速   50 m/s (中心付近) 最大瞬間風速 70 m/s
10時現在、台風の中心に最も近い与那国島を中心に大荒れの天気となっています。与那国島では最大風速20.4m/s、最大瞬間風速37.2m/sを観測しました。中心からは少し離れた石垣市でも、最大風速20.9m/s、最大瞬間風速33.2m/sを観測し、停電しているところもある状態です。周辺では活発な雨雲も通過しており、宮古島の鏡原では1時間に34.5mmの激しい雨を観測しています。雨雲には隙間が多く止む時間帯もあるものの、急な激しい雨に警戒が必要です。台風は次第に北上して先島諸島から離れていくものの、今夜にかけて大荒れの天気が続きます。暴風による飛来物や停電、激しい雨による道路冠水や河川・用水路の増水に警戒が必要です。海も猛烈にしけるため、不要不急な外出は控えてください。また、明日13日(月)も雨や風の強い状態は続きます。ピークが過ぎても油断は禁物です。
東シナ海に進んだ後は台風を移動させる風が弱いため、その後の進路の予想が難しくなります。13日(月)以降の予報円が重なり合っているのは、動きが遅くなることを示しています。世界各国の気象シミュレーションモデルを参照すると、台風14号は上海沖でしばらく停滞した後、ゆっくりと東に向きを変え、日本海方面に進路を取る可能性があるとみられます。台風として接近しなくても、台風が運び込む湿った空気の影響で全国的に来週後半は雨や風が強まるおそれがあります。今後の情報に注意をしてください。台風の名前台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。台風14号の名前「チャンスー(Chanthu)」はカンボジアが提案した名称で、花の名前からとられています。
台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。台風14号の名前「チャンスー(Chanthu)」はカンボジアが提案した名称で、花の名前からとられています。