歩道に突っ込んだタクシー、表示灯に「SOS」…体調に異変感じた運転手が切り替えか

東京都千代田区九段南の都道(内堀通り)で11日、タクシーが歩道に突っ込んで6人が死傷した事故で、意識不明だった杉並区上井草のタクシー運転手、山本斉さん(64)は12日、搬送先の病院で死亡した。
警視庁は、事故直前にくも膜下出血を起こした可能性があるとみて調べている。
警視庁幹部によると、タクシーは個人タクシーで、「空車」「回送」など車の状況を知らせる前方の表示灯が「SOS」となっていた。体調の異変に気づいた山本さんが表示を切り替えた可能性があるという。車載のドライブレコーダーには、事故前、意識がもうろうとした状態の山本さんが映っていた。
事故では、歩道でタクシー待ちをしていた品川区大崎の小林久美子さん(73)が死亡し、自転車の女児(9)ら4人も軽傷を負った。