臨時医療施設を30日開設、大阪 看護師の確保にめど

30日に開設する臨時医療施設について発表する大阪府の吉村洋文知事=13日午後、大阪府庁
大阪府の吉村洋文知事は13日、新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づく臨時医療施設を30日に開設すると発表した。運営事業者には医療事業者のグリーンホスピタルサプライと施設警備の日本パナユーズの共同企業体(JV)を選定した。近く正式に契約を結ぶ。
吉村氏によると、選定したJVからは、感染者が療養する「レッドゾーン」で働ける看護師の確保や、医師によるオンライン診療の提案があり、課題解消にめどが立ったと判断した。
施設は30日に軽症・無症状患者向けの病床500床から運用し、10月中に中等症患者向けの200床を含めた計千床の整備を目指す。