河野氏が石破氏に協力要請 自民総裁選 石破派、15日に臨時総会

自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に出馬表明している河野太郎行政改革担当相(58)=麻生派=は13日、石破茂元幹事長(64)=石破派=と国会内で約20分会談した。関係者によると、河野氏は石破氏に対し「もし私が総裁に選ばれたら、衆院選も参院選もあるので、お力をお貸しください」と要請した。石破派は15日に臨時総会を開き、総裁選の対応を協議する。
菅首相に一貫していたのは「麦踏み」 小田嶋隆氏
石破氏は会談後、記者団に、河野氏から「仮に当選した暁には挙党態勢を作りたい」と伝えられたと明かした。石破氏は返答はしなかったといい、総裁選への自身の対応について「(河野氏との会談は)非常に意味のある時間だった。残っている時間は長くなく、さらに深く考えて結論を出したい」と述べるにとどめた。
石破氏はこれまで総裁選出馬の有無を「白紙」と繰り返し、自身が掲げる政策を実現できる別の候補を支持する可能性を示唆してきた。石破派内には河野氏との連携を期待する声も出ている。【東久保逸夫、堀和彦】