解体工事現場で3人倒れる 1人死亡 福岡・博多

13日午後4時45分ごろ、福岡市博多区博多駅東3のビル解体工事現場の関係者から「作業中の70代男性が倒れた」と119番があった。福岡県警博多署などによると、地下の現場で作業員の70代男性2人と20代男性の計3人が倒れており、病院へ搬送。その後、うち70代1人の死亡が確認された。他2人は命に別条はないという。
「誰かが認めてくれる」工藤会離脱者が語る現実
博多署によると、地下の現場で何らかの不具合が発生し、20代の作業員に続いて70代の作業員2人が手伝いにいき、3人とも倒れたとみられる。治療中の作業員から一酸化炭素の血中濃度の数値が高く出ており、同署は70代作業員が一酸化炭素中毒で死亡した可能性もあるとみて調べている。
現場はJR博多駅の南東約500メートルの繁華街で、近くの歯科医院を訪れた女性は「周辺ではガスの臭いを感じた。消防車や救急車で騒然となっていて何事かと思った」と話した。【中里顕、浅野孝仁】