「地域の平和脅かす」北朝鮮ミサイル実験に加藤長官

北朝鮮が新型の長距離巡航ミサイルの発射実験に成功したと発表したことを受け、加藤官房長官は懸念を表明しました。
加藤官房長官:「1500キロを航行するミサイルの発射が事実とすれば日本を取り巻く地域の平和と安全、これを脅かすものであり、日本としては懸念を有しているところであります」
加藤長官は日本の排他的経済水域への飛行や飛来は確認していないと説明しました。
また、北朝鮮がこのタイミングでミサイルを発射した狙いについて、政府関係者は「14日に開催される日本、アメリカ、韓国の北朝鮮担当者による協議を意識したのではないか」と解説しています。