高速からタンク落下、運転手は死亡 今治市

13日午前、愛媛県今治市で高速道路を走っていたタンクローリーのタンク部分が側壁を乗り越え、下の道路に落下する事故がありました。
13日午前10時半ごろ、愛媛県今治市の西瀬戸自動車道の下り線を通行していたタンクローリーのタンク部分が高速道路の側壁を乗り越え、10メートル下の道路に落下しました。
タンクには醤油およそ9トンが入っていたということですが、事故当時、道路周辺に人はおらず、落下によるけが人はいませんでした。
タンクローリーを運転していたのは愛知県の68歳の男性で、病院に運ばれましたが間もなく死亡が確認されました。