「PTA退会」をめぐり賛否両論…「ルール違反じゃ?」「他のお母さんに丸投げしてるって気づいて」

13日、ツイッターで「PTA退会」に関する記事がトピックとなり、多くの反響が寄せられている。
トピックでは、退会を申し出たPTA役員の保護者に対し学校側からなかなか退会させてもらえなかったという体験談が話題となっている。ネット上では「強制ではなく任意。やれる人が、やりたいことを、やりたいように…という形になっていくように、と思っています」「PTA、町内会、習い事、どこにおいても、公平と平等のバランスを取れない人が多すぎる。そして、ボランティアの精神の悪用も。なんとかしないと子どもが育てづらい」「PTA会長が権力になっているのでそうであってはいけない」などの声があがっている。
また、「強制ではありませんが現状、難しいのも事実」「ちゃんと学校や子どもの為にと活動している方もいることを忘れないで欲しい」「退会したら自分の子供に関わるお世話を、他のお母さんに丸投げしてるってことに気がついて~!!って思いますし、春になると現れる『PTAは任意ですよね?!』な人…そうなんですけど、一回でもやってから言ってみて…て思います」など、容認する意見、「そもそも『退会できない』組織なんて存在するのか?」「それ、ルール違反じゃ…?」など疑問視する声など、賛否両論が渦巻いている。
また「PTAは本当に時間に余裕がないなら、協力はしたいので名簿に載り、協賛金は払うが声をかけたら退会するって最初に書面で出しちゃえばいい」「どうしても存続させたい(存続しないと成り立たない)のなら、やることにインセンティブでも設けるべきだと思うわ。退会していいという機運が高まったら、多分ものすごい勢いでPTAから人がいなくなるだろうね」などの策を出す人もいた。