八代英輝氏、共産党への発言を謝罪「申し訳ありませんでした」…志位和夫委員長から抗議

国際弁護士の八代英輝氏が13日、コメンテーターを務めるTBS系「ひるおび」(月~金曜。午前10時25分)に生出演。共産党の志位和夫委員長から抗議を受けた、10日の発言を謝罪した。
八代氏の発言は、衆院選での立憲民主、共産、社民、れいわの野党共闘について報じた際に「志位委員長、共産党の。つい最近、『敵の出方』って言い方やめようと言いましたけど、共産党は『暴力的な革命』っていうものを、党の要綱として廃止してませんから。よくそういうところと組もうって話になるな、と個人的には感じます」とコメント。
この発言に志位氏はツイッターで「TBS系『ひるおび!』で出演者が『共産党は暴力的な革命を廃止していない』などと述べたことに対し、党広報部植木部長は、局の担当者に抗議し、番組としての謝罪と訂正を求めました」と明かした。
番組の途中で、江藤愛アナウンサーが「先週の放送で野党共闘のテーマを扱っている際に、日本共産党について『まだ暴力的な革命というのを、党の要綱として廃止してない』という発言がありました。日本共産党の綱領(こうりょう)にそのようなことは書かれていませんでした。訂正してお詫(わ)びします」と発言内容を訂正し謝罪。
そして八代氏は「先週の私の発言についてですが、私の認識は閣議決定された政府関係に基づいたものでした。一方で、日本共産党はそれを度々否定していることも併せて申し上げるべきでした。申し訳ありませんでした」と謝罪し、深々と頭を下げた。続けて「テレビで発言する者として、今後はより正確にバランスに配慮し言葉に責任を持っていきたいと思います」と改めて頭を下げた。 最後に司会の恵俊彰が「失礼しました。私たちも脇を締めて番組作りに臨んで、より広く与野党の政策についても伝えていこうと思っております」と述べた。
最後に司会の恵俊彰が「失礼しました。私たちも脇を締めて番組作りに臨んで、より広く与野党の政策についても伝えていこうと思っております」と述べた。