私立高の野球部元コーチ、部員への性的暴行容疑で再逮捕 大阪

大阪市内の私立高校で野球部員の男子生徒に性的暴行をした疑いが強まったとして、大阪府警は13日、元同校講師で野球部のコーチだった水落雄基被告(31)=懲戒解雇=を強制性交等致傷の疑いで再逮捕した。捜査関係者が明らかにした。水落容疑者は8月、別の男子部員の下半身を触ったとして強制わいせつ容疑で逮捕され、その後に起訴されていた。府警は水落容疑者が教員という立場を利用し、生徒へのわいせつ行為を繰り返していたとみて全容解明を進める。
「10年前から30人以上に」元コーチ供述
捜査関係者によると、水落容疑者はコーチを務めていた2020年11月、部員の男子生徒と2人きりになった際、性的暴行を加えた疑いが持たれている。男子生徒は被害後に体調を崩し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したという。【安元久美子、郡悠介】