風俗店“経営者”約7000万円を脱税か

川崎市の風俗店2店舗の実質的経営者と店を経営する会社が脱税の疑いで刑事告発されました。
東京国税局査察部から刑事告発されたのは、川崎市の風俗店2店舗の実質的経営者の国本哲樹氏とそれぞれの店を経営する「オフイスL」と「Dホールディングス」です。
関係者によりますと、国本氏は、店の書類を書き換え、売り上げを少なく見せる手口で、3年間で2億9000万円あまりの所得を隠し、およそ7000万円を脱税した疑いがもたれています。