23歳母親、乳児殺害認める 羽田空港で出産、公園に遺棄

2019年11月、羽田空港のトイレで出産直後の女児を殺害し、東京都港区の公園に埋めたとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた神戸市西区の母親北井小由里被告(23)は13日、東京地裁(野原俊郎裁判長)の裁判員裁判初公判で「間違いない」と起訴内容を認めた。
弁護側は、被告の当時の状況から「心から誰かを信頼し、相談することができなかった」として、情状酌量を求めた。
起訴状によると、19年11月3日、羽田空港の多目的トイレで、出産したばかりの女児の喉にトイレットペーパーの塊を詰め込み、両手で首を絞めて殺害。港区立「イタリア公園」に女児を埋め、遺棄したとしている。