車検切れ公用車、税務署で1か月間使用…計7回527キロ走行

大阪国税局は10日、福知山税務署で公用車を車検切れの状態で約1か月間使用していたと発表した。
発表によると、業務に使用する普通車が昨年6月26日で車検が切れたにもかかわらず、7月27日まで計7回527キロを走行した。車の保管担当者らが確認を怠っていたという。
大阪国税局は、仙台国税局で同様の車検切れが発覚したことを受けて、調査していた。