東京都医師会「気ゆるめず第6波準備必要」

東京都医師会は会見を開き、新型コロナウイルスの感染状況について「第6波に対して、気をゆるめないで準備することが必要」とのべ、臨時の医療施設の必要性などを訴えました。
14日の会見で、東京都医師会の尾崎会長は感染者は減少傾向にあるものの、また上昇する可能性が「11月以降に全くないとはいえない状況」とのべ、第6波に対して準備の必要性を指摘しました。
具体的には、感染が再拡大したときに、限りある医療従事者を効率的にいかすためにも、患者と医師などを1か所に集めて治療を行う、「医療資源を集約して使用できる臨時の医療施設が必要」とのべました。
また、ワクチン接種について、自治体ごとに予約状況に差がある現状を踏まえ、「市町村の枠をこえて、接種できる体制」へ見直すべきと指摘しました。