79歳女性殺害容疑で逮捕の長崎大生「現場には初めて訪れた」

佐賀県鳥栖市の民家で女性を殺害したとして、佐賀県警は14日、長崎市中園町の長崎大学薬学部4年、山口鴻志(こうし)容疑者(25)を殺人容疑で逮捕し、発表した。
県警の調べに対し「現場には初めて訪れた」と供述し、女性の遺族も山口容疑者について「知らない」と話しているという。
捜査1課によると、山口容疑者は10日午後1時ごろ、鳥栖市酒井東町で、無職大塚千種さん(79)の頭部を鈍器で複数回殴って殺害した疑いがある。
大塚さんは夫と2人暮らし。この日、午前中から自宅隣にある親類宅の敷地で1人で除草作業をしていたという。
10日午後1時すぎ、悲鳴を聞いたという近くの住民が119番通報。警察と消防が現場に到着すると、大塚さんは地面に座り、上半身を前のめりにした状態で倒れていたという。周囲に大塚さんが使っていたとみられるカマやバケツがあった。意識はなく、病院に搬送されたが死亡が確認された。
山口容疑者は13日正午ごろ「一軒家の民家で高齢女性の頭部を複数回殴った。死んだかもしれない。とんでもないことをしてしまった」と大分市の大分中央署に出頭。佐賀県警は自首にあたるとしたうえで、14日未明に逮捕した。 山口容疑者は「ハンマーで頭部を殴れば殺してしまうと思ったが、明確な殺意はなかった」と供述しているという。所持品のリュックサックには、柄の部分が長さ約40センチ、金属部分が幅12センチのハンマー1個が入っていた。13日の司法解剖の結果、大塚さんの死因は脳機能障害だった。県警は詳しい動機や事件前後の足取りなどを調べる。(大村久)
山口容疑者は「ハンマーで頭部を殴れば殺してしまうと思ったが、明確な殺意はなかった」と供述しているという。所持品のリュックサックには、柄の部分が長さ約40センチ、金属部分が幅12センチのハンマー1個が入っていた。13日の司法解剖の結果、大塚さんの死因は脳機能障害だった。県警は詳しい動機や事件前後の足取りなどを調べる。(大村久)