「楽しそう」 ボンネットに乗って走行の疑い テレビで流れて発覚

愛知県警一宮署は14日、ボンネットに座った状態で県道を走行する軽乗用車に乗ったとして、愛知県一宮市内に住む無職の男(20)を道路交通法違反(乗車方法違反)の疑いで一宮区検に書類送検し、発表した。
ボンネットに乗車する様子が映ったドライブレコーダーの動画がテレビのニュースで流れ、署が捜査していた。
署によると、男は4日午前10時20分ごろ、一宮市内の県道で、友人の少年(19)が運転する軽乗用車のボンネット上に乗車した疑いがある。調べに対し、男は「ボンネットに乗って走ったら楽しそうだと思った」と容疑を認めているという。
運転していた少年は、道交法違反の疑いで交通反則切符(青切符)が交付された。