56歳男、81歳女性の下着を盗んで逮捕「たかが2、3枚程度で納得がいかない」と供述

愛知県あま市で、女性用の下着1枚を盗んだとして、56歳の男が逮捕されたことが判明。その行動と「言い訳」に怒りの声が上がっている。
男は10日午後1時頃、愛知県あま市で、住宅の物干し竿に干されていた81歳女性の下着を盗む。その様子を見た被害女性が「何をしている」と呼び止めると、盗んだ下着を投げ返し、自動車で逃走した。
>>24歳男、女子高生に汚物をかけて逮捕「離婚して女性に良くない感情があった」と話す<< 女性は車のナンバーを控えた上で警察に通報。警察が捜査を進めた結果、同市に住む56歳無職の男を割り出し、窃盗の疑いで逮捕した。警察の取り調べに対し、男は容疑を認めているが、「家の人に見つかってパンティーは返したし、たかが2、3枚程度で逮捕になるのは納得いかない」と意図不明な供述をしている。たとえ1枚であろうとも、盗めば犯罪になることは明白なのだが。 男の行動と言い訳に、「意味がわからない。56歳にもなって、こんな事を言うのはおかしい」「2、3枚だから逮捕に納得ができないというのは刑法がわかっていないし、頭がおかしいと言わざるを得ない。本気で言ってるのなら、精神異常者と言わざるを得ないよ」「立派な窃盗罪だし、住居侵入罪にも該当すると思う。警察はきっちりわからせてやるべきだ」「不起訴みたいな甘い措置では必ず再犯する。考えてほしい」などの声が上がる。