ひろゆきが提言する「子どもには失敗させたほうがいい理由」

―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]―
子どもに成功体験を積ませたい。その行き過ぎた結果、子どもに「失敗させない」環境を作ってはいないだろうか。子育てに悩み親に向けて、『僕が親ならこう育てるね』で教育論を初めて語ったひろゆき氏は、子どもの失敗体験の重要性を説く。
◆子どものうちにたくさん泣く経験を持たせる
――「子どもに失敗をさせたくない」と思っている親は結構いますよね?
ひろゆき:ケガをさせたくないとか、泣いているのを見たくないとか。人間の本能としてそう思うのは当然なんですが、「子どものうちに泣かせまくったほうがいいんじゃ……」と僕は思うんです。
人はその成長過程でさまざまな経験することで耐性が身につき、次に同じ経験をしてもショックが軽くなるということがあります。例えば、生まれて初めて殴られた人はビックリしてショックを受けますが、兄弟喧嘩が日常茶飯事だった人は、いちいち殴られても驚きません。
普通に考えれば大したことなくても、未経験だととても大きなショックに繋がるものです。◆失敗の経験の少ない大人になってはいけない――高学歴エリートが社会に出て打たれ弱いというのも同じ理論ですね。ひろゆき:これまで失敗したことのない高学歴エリートが就活で失敗し、一流企業に入っても結果が出せずに挫折しという話をよく聞きますからね。 それまでに失敗の経験が少ないと、「失敗は人生の落伍であり、取り返しのつかないこと」と思い込んでしまうようで、場合によっては最悪のパターンに至ってしまうこともあります。 子どもの頃に失敗の経験が少なく大人になって大きな失敗や挫折をすると、取り返しがつかないことに繋がる可能性もあるのですね。だから、失敗であろうと“経験している”というのはすごく大切で、その後に大きな影響を与えたりします。 子どもの頃から失敗や嫌な経験を繰り返したほうが、たいていのことは、冷静に対処できるようになるものです。◆「絶対に失敗しそうだな」と思っても見守る――子どもに失敗させるのはとても勇気が必要です。何か基準はありますか?ひろゆき:もちろん体の損傷とか修復不可能な失敗はさせないほうがいいですが、それ以外のことは若いうちなら、例えば、全財産がなくなっても、なんとかなりますからね。だからこそ、子どもの頃から小さな失敗を経験し、それを克服する経験を積ませたほうがいいんです。 失敗を乗り越える力は、失敗をしていくでしか身につきません。そして失敗を恐れなくなったとき、挑戦の回数が増え、それだけ成功する可能性は上がるというものです。 経験は成功であっても失敗であっても、とても大きなこと。だからこそ、親は子どもにいろいろな失敗をさせ、助けずに見守るべきではないかと。 それが「絶対に失敗しそうだな」と思うことであっても、です。 ―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]― 【ひろゆき】西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる
◆失敗の経験の少ない大人になってはいけない――高学歴エリートが社会に出て打たれ弱いというのも同じ理論ですね。ひろゆき:これまで失敗したことのない高学歴エリートが就活で失敗し、一流企業に入っても結果が出せずに挫折しという話をよく聞きますからね。 それまでに失敗の経験が少ないと、「失敗は人生の落伍であり、取り返しのつかないこと」と思い込んでしまうようで、場合によっては最悪のパターンに至ってしまうこともあります。 子どもの頃に失敗の経験が少なく大人になって大きな失敗や挫折をすると、取り返しがつかないことに繋がる可能性もあるのですね。だから、失敗であろうと“経験している”というのはすごく大切で、その後に大きな影響を与えたりします。 子どもの頃から失敗や嫌な経験を繰り返したほうが、たいていのことは、冷静に対処できるようになるものです。◆「絶対に失敗しそうだな」と思っても見守る――子どもに失敗させるのはとても勇気が必要です。何か基準はありますか?ひろゆき:もちろん体の損傷とか修復不可能な失敗はさせないほうがいいですが、それ以外のことは若いうちなら、例えば、全財産がなくなっても、なんとかなりますからね。だからこそ、子どもの頃から小さな失敗を経験し、それを克服する経験を積ませたほうがいいんです。 失敗を乗り越える力は、失敗をしていくでしか身につきません。そして失敗を恐れなくなったとき、挑戦の回数が増え、それだけ成功する可能性は上がるというものです。 経験は成功であっても失敗であっても、とても大きなこと。だからこそ、親は子どもにいろいろな失敗をさせ、助けずに見守るべきではないかと。 それが「絶対に失敗しそうだな」と思うことであっても、です。 ―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]― 【ひろゆき】西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる
――高学歴エリートが社会に出て打たれ弱いというのも同じ理論ですね。ひろゆき:これまで失敗したことのない高学歴エリートが就活で失敗し、一流企業に入っても結果が出せずに挫折しという話をよく聞きますからね。 それまでに失敗の経験が少ないと、「失敗は人生の落伍であり、取り返しのつかないこと」と思い込んでしまうようで、場合によっては最悪のパターンに至ってしまうこともあります。 子どもの頃に失敗の経験が少なく大人になって大きな失敗や挫折をすると、取り返しがつかないことに繋がる可能性もあるのですね。だから、失敗であろうと“経験している”というのはすごく大切で、その後に大きな影響を与えたりします。 子どもの頃から失敗や嫌な経験を繰り返したほうが、たいていのことは、冷静に対処できるようになるものです。◆「絶対に失敗しそうだな」と思っても見守る――子どもに失敗させるのはとても勇気が必要です。何か基準はありますか?ひろゆき:もちろん体の損傷とか修復不可能な失敗はさせないほうがいいですが、それ以外のことは若いうちなら、例えば、全財産がなくなっても、なんとかなりますからね。だからこそ、子どもの頃から小さな失敗を経験し、それを克服する経験を積ませたほうがいいんです。 失敗を乗り越える力は、失敗をしていくでしか身につきません。そして失敗を恐れなくなったとき、挑戦の回数が増え、それだけ成功する可能性は上がるというものです。 経験は成功であっても失敗であっても、とても大きなこと。だからこそ、親は子どもにいろいろな失敗をさせ、助けずに見守るべきではないかと。 それが「絶対に失敗しそうだな」と思うことであっても、です。 ―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]― 【ひろゆき】西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる
ひろゆき:これまで失敗したことのない高学歴エリートが就活で失敗し、一流企業に入っても結果が出せずに挫折しという話をよく聞きますからね。 それまでに失敗の経験が少ないと、「失敗は人生の落伍であり、取り返しのつかないこと」と思い込んでしまうようで、場合によっては最悪のパターンに至ってしまうこともあります。 子どもの頃に失敗の経験が少なく大人になって大きな失敗や挫折をすると、取り返しがつかないことに繋がる可能性もあるのですね。だから、失敗であろうと“経験している”というのはすごく大切で、その後に大きな影響を与えたりします。 子どもの頃から失敗や嫌な経験を繰り返したほうが、たいていのことは、冷静に対処できるようになるものです。◆「絶対に失敗しそうだな」と思っても見守る――子どもに失敗させるのはとても勇気が必要です。何か基準はありますか?ひろゆき:もちろん体の損傷とか修復不可能な失敗はさせないほうがいいですが、それ以外のことは若いうちなら、例えば、全財産がなくなっても、なんとかなりますからね。だからこそ、子どもの頃から小さな失敗を経験し、それを克服する経験を積ませたほうがいいんです。 失敗を乗り越える力は、失敗をしていくでしか身につきません。そして失敗を恐れなくなったとき、挑戦の回数が増え、それだけ成功する可能性は上がるというものです。 経験は成功であっても失敗であっても、とても大きなこと。だからこそ、親は子どもにいろいろな失敗をさせ、助けずに見守るべきではないかと。 それが「絶対に失敗しそうだな」と思うことであっても、です。 ―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]― 【ひろゆき】西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる
それまでに失敗の経験が少ないと、「失敗は人生の落伍であり、取り返しのつかないこと」と思い込んでしまうようで、場合によっては最悪のパターンに至ってしまうこともあります。 子どもの頃に失敗の経験が少なく大人になって大きな失敗や挫折をすると、取り返しがつかないことに繋がる可能性もあるのですね。だから、失敗であろうと“経験している”というのはすごく大切で、その後に大きな影響を与えたりします。 子どもの頃から失敗や嫌な経験を繰り返したほうが、たいていのことは、冷静に対処できるようになるものです。◆「絶対に失敗しそうだな」と思っても見守る――子どもに失敗させるのはとても勇気が必要です。何か基準はありますか?ひろゆき:もちろん体の損傷とか修復不可能な失敗はさせないほうがいいですが、それ以外のことは若いうちなら、例えば、全財産がなくなっても、なんとかなりますからね。だからこそ、子どもの頃から小さな失敗を経験し、それを克服する経験を積ませたほうがいいんです。 失敗を乗り越える力は、失敗をしていくでしか身につきません。そして失敗を恐れなくなったとき、挑戦の回数が増え、それだけ成功する可能性は上がるというものです。 経験は成功であっても失敗であっても、とても大きなこと。だからこそ、親は子どもにいろいろな失敗をさせ、助けずに見守るべきではないかと。 それが「絶対に失敗しそうだな」と思うことであっても、です。 ―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]― 【ひろゆき】西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる
子どもの頃に失敗の経験が少なく大人になって大きな失敗や挫折をすると、取り返しがつかないことに繋がる可能性もあるのですね。だから、失敗であろうと“経験している”というのはすごく大切で、その後に大きな影響を与えたりします。 子どもの頃から失敗や嫌な経験を繰り返したほうが、たいていのことは、冷静に対処できるようになるものです。◆「絶対に失敗しそうだな」と思っても見守る――子どもに失敗させるのはとても勇気が必要です。何か基準はありますか?ひろゆき:もちろん体の損傷とか修復不可能な失敗はさせないほうがいいですが、それ以外のことは若いうちなら、例えば、全財産がなくなっても、なんとかなりますからね。だからこそ、子どもの頃から小さな失敗を経験し、それを克服する経験を積ませたほうがいいんです。 失敗を乗り越える力は、失敗をしていくでしか身につきません。そして失敗を恐れなくなったとき、挑戦の回数が増え、それだけ成功する可能性は上がるというものです。 経験は成功であっても失敗であっても、とても大きなこと。だからこそ、親は子どもにいろいろな失敗をさせ、助けずに見守るべきではないかと。 それが「絶対に失敗しそうだな」と思うことであっても、です。 ―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]― 【ひろゆき】西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる
子どもの頃から失敗や嫌な経験を繰り返したほうが、たいていのことは、冷静に対処できるようになるものです。◆「絶対に失敗しそうだな」と思っても見守る――子どもに失敗させるのはとても勇気が必要です。何か基準はありますか?ひろゆき:もちろん体の損傷とか修復不可能な失敗はさせないほうがいいですが、それ以外のことは若いうちなら、例えば、全財産がなくなっても、なんとかなりますからね。だからこそ、子どもの頃から小さな失敗を経験し、それを克服する経験を積ませたほうがいいんです。 失敗を乗り越える力は、失敗をしていくでしか身につきません。そして失敗を恐れなくなったとき、挑戦の回数が増え、それだけ成功する可能性は上がるというものです。 経験は成功であっても失敗であっても、とても大きなこと。だからこそ、親は子どもにいろいろな失敗をさせ、助けずに見守るべきではないかと。 それが「絶対に失敗しそうだな」と思うことであっても、です。 ―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]― 【ひろゆき】西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる
◆「絶対に失敗しそうだな」と思っても見守る――子どもに失敗させるのはとても勇気が必要です。何か基準はありますか?ひろゆき:もちろん体の損傷とか修復不可能な失敗はさせないほうがいいですが、それ以外のことは若いうちなら、例えば、全財産がなくなっても、なんとかなりますからね。だからこそ、子どもの頃から小さな失敗を経験し、それを克服する経験を積ませたほうがいいんです。 失敗を乗り越える力は、失敗をしていくでしか身につきません。そして失敗を恐れなくなったとき、挑戦の回数が増え、それだけ成功する可能性は上がるというものです。 経験は成功であっても失敗であっても、とても大きなこと。だからこそ、親は子どもにいろいろな失敗をさせ、助けずに見守るべきではないかと。 それが「絶対に失敗しそうだな」と思うことであっても、です。 ―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]― 【ひろゆき】西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる
――子どもに失敗させるのはとても勇気が必要です。何か基準はありますか?ひろゆき:もちろん体の損傷とか修復不可能な失敗はさせないほうがいいですが、それ以外のことは若いうちなら、例えば、全財産がなくなっても、なんとかなりますからね。だからこそ、子どもの頃から小さな失敗を経験し、それを克服する経験を積ませたほうがいいんです。 失敗を乗り越える力は、失敗をしていくでしか身につきません。そして失敗を恐れなくなったとき、挑戦の回数が増え、それだけ成功する可能性は上がるというものです。 経験は成功であっても失敗であっても、とても大きなこと。だからこそ、親は子どもにいろいろな失敗をさせ、助けずに見守るべきではないかと。 それが「絶対に失敗しそうだな」と思うことであっても、です。 ―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]― 【ひろゆき】西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる
ひろゆき:もちろん体の損傷とか修復不可能な失敗はさせないほうがいいですが、それ以外のことは若いうちなら、例えば、全財産がなくなっても、なんとかなりますからね。だからこそ、子どもの頃から小さな失敗を経験し、それを克服する経験を積ませたほうがいいんです。 失敗を乗り越える力は、失敗をしていくでしか身につきません。そして失敗を恐れなくなったとき、挑戦の回数が増え、それだけ成功する可能性は上がるというものです。 経験は成功であっても失敗であっても、とても大きなこと。だからこそ、親は子どもにいろいろな失敗をさせ、助けずに見守るべきではないかと。 それが「絶対に失敗しそうだな」と思うことであっても、です。 ―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]― 【ひろゆき】西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる
失敗を乗り越える力は、失敗をしていくでしか身につきません。そして失敗を恐れなくなったとき、挑戦の回数が増え、それだけ成功する可能性は上がるというものです。 経験は成功であっても失敗であっても、とても大きなこと。だからこそ、親は子どもにいろいろな失敗をさせ、助けずに見守るべきではないかと。 それが「絶対に失敗しそうだな」と思うことであっても、です。 ―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]― 【ひろゆき】西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる
経験は成功であっても失敗であっても、とても大きなこと。だからこそ、親は子どもにいろいろな失敗をさせ、助けずに見守るべきではないかと。 それが「絶対に失敗しそうだな」と思うことであっても、です。 ―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]― 【ひろゆき】西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる
それが「絶対に失敗しそうだな」と思うことであっても、です。 ―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]― 【ひろゆき】西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる
―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]― 【ひろゆき】西村博之(にしむらひろゆき)1976年、神奈川県生まれ。東京都・赤羽に移り住み、中央大学に進学後、在学中に米国・アーカンソー州に留学。1999年に開設した「2ちゃんねる」、2005年に就任した「ニコニコ動画」の元管理人。現在は英語圏最大の掲示板サイト「4chan」の管理人を務め、フランスに在住。たまに日本にいる。週刊SPA!で10年以上連載を担当。『僕が親ならこう育てるね』という初の子育て論本が発売。著者印税は児童養護施設へのパソコン寄贈に充てられる