佐賀で女性殺害の疑い、大学生が大分で自首「頭部をハンマーで複数回殴った」

高齢女性を殺害したとして、佐賀県警は14日、長崎市中園町の大学生山口鴻志容疑者(25)を殺人容疑で逮捕した。
県警は、2人に面識があったかどうかなどを調べている。
発表によると、10日午後1時5分頃、佐賀県鳥栖市酒井東町の民家で、除草作業をしていた近くの無職大塚千種さん(79)の頭部を鈍器で複数回殴って殺害した疑い。
山口容疑者は「頭部を殴れば殺してしまうかもしれないと思ったが、殺意はなかった」と容疑を一部否認しているという。
現場近くの人が、「ぎゃー」という叫び声を聞いて119番。大塚さんは頭から血を流した状態で発見され、搬送先で死亡が確認された。
山口容疑者は13日午後0時半頃、大分県警大分中央署に出頭し、「鳥栖市内の民家の庭で、高齢の女性の頭部をハンマーで複数回殴った。死んだかもしれない。とんでもないことをしてしまった」と話した。