玉川徹氏 石破氏に協力要請の河野氏に「思い切ったな。期待感出てきた」

テレビ朝日「羽鳥慎一のモーニングショー」が14日、自民党総裁選に立候補している河野太郎行政改革担当相が13日に石破茂幹事長に協力を要請したことを取り上げ、同局の玉川徹氏は「河野さん、思い切ったな」と話した。
総裁選は17日告示、29日投開票。現在、河野氏のほかに岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相が正式に立候補を表明している。
玉川氏は「昨日の石破さんに会いに行ったのは、河野さん、思い切ったなと。先週金曜日の(立候補表明)会見で、やっぱり河野さんでも安倍、麻生支配から逃れられないんだなと。じゃあ改革できないじゃないかというトーンが生まれたと思う。だけど、河野さんは安倍さんにとっては敵である石破さんの所に自ら行った。で、支援を要請した。これはある種、今までのそういうふうな流れを逆転させるような効果を狙ったんじゃないかなと思いますね」と大きな一手を打ったと評価。
総裁選に自ら立つのかが注目されている石破氏について、玉川氏は「昨日僕『河野さんがそんなふうに後退してるんだったら、石破さんが出ない理由はない』という話をしたんですけど、これで石破さんが出ない理由ができましたよね。河野さんが改革やるんだと。それを助けるんだという意味であれば、今回は私は引きますという理屈が立つ。これで安倍さん、麻生さんが黙ってるのかって話ですよね」と、今後の流れを見据えた。
玉川氏は、河野氏が目指す改革にも注目。「改革も2種類あって、一つは安倍・麻生支配を改革する。もう一つは、既得権を持ってる所から、それを取っ払って日本のために何ができるんだという改革。もしかしたら、この安倍・麻生支配っていうところは改革できるかもしれないけど、本当に大事なのはそっちじゃなくて既得権を打破して、例えば原発に象徴されるようなものを変えられるのか。ちょっと期待感出てきたかな」と話した。