【二階堂 運人】「急いで」「とりあえず行って」「料金が違う」…タクシー運転手が困る「ヤバい乗客」たち

前回記事〈デリバリー自転車の逆走、危険な「名古屋走り」…現役タクシードライバーが遭遇した「ヤバい運転」〉では、一般ドライバーや同業者の交通マナー違反などについて指摘した。
今回は、お客様に目を向け、同様にその困った言動や、車内でのコミュニケーションの問題点などを取り上げたい。もちろん、こちらが嫌だなと感じるお客様は稀だが、読者の方がタクシー乗車の際のご参考にしていただけるのなら、現役タクシードライバーとして幸いである。
ある日、都内某駅前のタクシー乗り場で並んでいた時のこと。しばらくすると前に並んでいた若い女性が「お先にどうぞ」と私に順番を譲ってくれた。
どうしたのかな? と思いながらも私の順番が来てタクシーに乗り込むと、若い女性が私に順番を譲った理由がわかった。乗り込んだタクシーのドライバーがサングラスをかけた少し厳つい面持ちだったのだ。
Photo by iStock

タクシーの車内は異質で密室な空間であり、たとえ短い距離、時間でも気になるものだ。もっとも、タクシー独特の異質な空気を感じるのは、乗る側はもちろん、乗られる側も同じ。乗客が気にするところは実はタクシードライバーも気にするところであり、表裏一体なのである。ただ、正直なところ、どんなドライバーか、どんな乗客かは、乗ってみなければわからないことが多いが……。
前述のタクシードライバーは、見た目とは裏腹にとても親切で安全運転のドライバーだった。人は見かけによらないというがこの業界ではよくある。しかし、何事もなかった車内の空気が状況により一変することもよくある。例えば、目的地に到着直前にメーターが「カチッ」とあがる。よくタクシーを利用する人であれば多くの人が経験しているではなかろうか。利用者からしてみればあまり面白くないであろう。ドライバーからしても気まずい瞬間である。たかが80円、されど80円(東京23区、武蔵野三鷹地区の場合)。あがった料金をしっかりもらうドライバーもいれば、笑顔でサービスと言って受け取らないドライバーもいる。また、頑なに払うのを拒む乗客も入れば、何も言わずに払いその上チップまで渡す乗客もいる。お互いの対応の違いで、いい乗客・嫌な乗客、いいドライバー・嫌なドライバーになり得るのだ。このようなやりとりの場面はいくらでもある。人生同じ日がないように、道も同じ日はない恐らく多くのタクシードライバーは、道を間違えてないか、遠回りをしていないか、いつもひやひやしながら運転をしている。後部座席で溜息や舌打ちをつかれると尚更である。恐る恐るルームミラーで乗客を見ると、スマートフォンを見ながらでの行為とわかって胸を撫で下ろすこともしばしば。一方、乗客からしてもわざと遠回りしていないかと疑心暗鬼になるときもあるであろう。時々、「前に乗ったときと料金が違う」という指摘を受け疑いの目を向けられることがある。ただ、タクシーの料金形態を理解していない人は意外に多い。参考までにタクシーの料金形態は以下のとおりである。 表からわかるように、タクシー料金は距離だけではなく時間にもかかる場合がある。したがって、同じルートを通っても渋滞や信号の影響などで必ずしも同じ料金にはならない。タクシー会社に寄せられるクレームの多くが迂回と接客不遇に関する事案だ。迂回はドライバーが道を見違えた場合や、料金がいつもと違うという理由でクレームとなる。また、接客不遇の内容を見てみると、「お詫びをしない」「ルート確認をしない」「言い訳をする」という内容が多い。ともにドライバーに非がある場面も多いと思うが、そうならざる得ない場面があることも確かである。タクシードライバーは乗客を安全にかつ正確に目的地に送る義務がある。その安全にかつ正確にを実践するには、ドライバーの運転技術はもちろんのことであるが、乗客から出す指示も大事な要素となる。あいまいな指示が危険運転を誘発するある時、上司とその部下らしき二人組を乗せたことがあった。会話を続けながら乗って来て、行き先をなかなか告げてこない。恐らく部下の営業報告であろうか、その報告に上司は苛立ちを隠せなくなっている。Photo by iStock部下ののらりくらりの報告が続いて上司の苛立ちは頂点に達したのか、「結局どうだったんだ、結論から言え!」と声を荒らげた。部下がその言葉に項を垂れ、一瞬の沈黙ができた時にようやく行き先を尋ねた。すると、「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
しかし、何事もなかった車内の空気が状況により一変することもよくある。例えば、目的地に到着直前にメーターが「カチッ」とあがる。よくタクシーを利用する人であれば多くの人が経験しているではなかろうか。利用者からしてみればあまり面白くないであろう。ドライバーからしても気まずい瞬間である。たかが80円、されど80円(東京23区、武蔵野三鷹地区の場合)。あがった料金をしっかりもらうドライバーもいれば、笑顔でサービスと言って受け取らないドライバーもいる。また、頑なに払うのを拒む乗客も入れば、何も言わずに払いその上チップまで渡す乗客もいる。お互いの対応の違いで、いい乗客・嫌な乗客、いいドライバー・嫌なドライバーになり得るのだ。このようなやりとりの場面はいくらでもある。人生同じ日がないように、道も同じ日はない恐らく多くのタクシードライバーは、道を間違えてないか、遠回りをしていないか、いつもひやひやしながら運転をしている。後部座席で溜息や舌打ちをつかれると尚更である。恐る恐るルームミラーで乗客を見ると、スマートフォンを見ながらでの行為とわかって胸を撫で下ろすこともしばしば。一方、乗客からしてもわざと遠回りしていないかと疑心暗鬼になるときもあるであろう。時々、「前に乗ったときと料金が違う」という指摘を受け疑いの目を向けられることがある。ただ、タクシーの料金形態を理解していない人は意外に多い。参考までにタクシーの料金形態は以下のとおりである。 表からわかるように、タクシー料金は距離だけではなく時間にもかかる場合がある。したがって、同じルートを通っても渋滞や信号の影響などで必ずしも同じ料金にはならない。タクシー会社に寄せられるクレームの多くが迂回と接客不遇に関する事案だ。迂回はドライバーが道を見違えた場合や、料金がいつもと違うという理由でクレームとなる。また、接客不遇の内容を見てみると、「お詫びをしない」「ルート確認をしない」「言い訳をする」という内容が多い。ともにドライバーに非がある場面も多いと思うが、そうならざる得ない場面があることも確かである。タクシードライバーは乗客を安全にかつ正確に目的地に送る義務がある。その安全にかつ正確にを実践するには、ドライバーの運転技術はもちろんのことであるが、乗客から出す指示も大事な要素となる。あいまいな指示が危険運転を誘発するある時、上司とその部下らしき二人組を乗せたことがあった。会話を続けながら乗って来て、行き先をなかなか告げてこない。恐らく部下の営業報告であろうか、その報告に上司は苛立ちを隠せなくなっている。Photo by iStock部下ののらりくらりの報告が続いて上司の苛立ちは頂点に達したのか、「結局どうだったんだ、結論から言え!」と声を荒らげた。部下がその言葉に項を垂れ、一瞬の沈黙ができた時にようやく行き先を尋ねた。すると、「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
例えば、目的地に到着直前にメーターが「カチッ」とあがる。よくタクシーを利用する人であれば多くの人が経験しているではなかろうか。利用者からしてみればあまり面白くないであろう。ドライバーからしても気まずい瞬間である。たかが80円、されど80円(東京23区、武蔵野三鷹地区の場合)。あがった料金をしっかりもらうドライバーもいれば、笑顔でサービスと言って受け取らないドライバーもいる。また、頑なに払うのを拒む乗客も入れば、何も言わずに払いその上チップまで渡す乗客もいる。お互いの対応の違いで、いい乗客・嫌な乗客、いいドライバー・嫌なドライバーになり得るのだ。このようなやりとりの場面はいくらでもある。人生同じ日がないように、道も同じ日はない恐らく多くのタクシードライバーは、道を間違えてないか、遠回りをしていないか、いつもひやひやしながら運転をしている。後部座席で溜息や舌打ちをつかれると尚更である。恐る恐るルームミラーで乗客を見ると、スマートフォンを見ながらでの行為とわかって胸を撫で下ろすこともしばしば。一方、乗客からしてもわざと遠回りしていないかと疑心暗鬼になるときもあるであろう。時々、「前に乗ったときと料金が違う」という指摘を受け疑いの目を向けられることがある。ただ、タクシーの料金形態を理解していない人は意外に多い。参考までにタクシーの料金形態は以下のとおりである。 表からわかるように、タクシー料金は距離だけではなく時間にもかかる場合がある。したがって、同じルートを通っても渋滞や信号の影響などで必ずしも同じ料金にはならない。タクシー会社に寄せられるクレームの多くが迂回と接客不遇に関する事案だ。迂回はドライバーが道を見違えた場合や、料金がいつもと違うという理由でクレームとなる。また、接客不遇の内容を見てみると、「お詫びをしない」「ルート確認をしない」「言い訳をする」という内容が多い。ともにドライバーに非がある場面も多いと思うが、そうならざる得ない場面があることも確かである。タクシードライバーは乗客を安全にかつ正確に目的地に送る義務がある。その安全にかつ正確にを実践するには、ドライバーの運転技術はもちろんのことであるが、乗客から出す指示も大事な要素となる。あいまいな指示が危険運転を誘発するある時、上司とその部下らしき二人組を乗せたことがあった。会話を続けながら乗って来て、行き先をなかなか告げてこない。恐らく部下の営業報告であろうか、その報告に上司は苛立ちを隠せなくなっている。Photo by iStock部下ののらりくらりの報告が続いて上司の苛立ちは頂点に達したのか、「結局どうだったんだ、結論から言え!」と声を荒らげた。部下がその言葉に項を垂れ、一瞬の沈黙ができた時にようやく行き先を尋ねた。すると、「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
あがった料金をしっかりもらうドライバーもいれば、笑顔でサービスと言って受け取らないドライバーもいる。また、頑なに払うのを拒む乗客も入れば、何も言わずに払いその上チップまで渡す乗客もいる。お互いの対応の違いで、いい乗客・嫌な乗客、いいドライバー・嫌なドライバーになり得るのだ。このようなやりとりの場面はいくらでもある。人生同じ日がないように、道も同じ日はない恐らく多くのタクシードライバーは、道を間違えてないか、遠回りをしていないか、いつもひやひやしながら運転をしている。後部座席で溜息や舌打ちをつかれると尚更である。恐る恐るルームミラーで乗客を見ると、スマートフォンを見ながらでの行為とわかって胸を撫で下ろすこともしばしば。一方、乗客からしてもわざと遠回りしていないかと疑心暗鬼になるときもあるであろう。時々、「前に乗ったときと料金が違う」という指摘を受け疑いの目を向けられることがある。ただ、タクシーの料金形態を理解していない人は意外に多い。参考までにタクシーの料金形態は以下のとおりである。 表からわかるように、タクシー料金は距離だけではなく時間にもかかる場合がある。したがって、同じルートを通っても渋滞や信号の影響などで必ずしも同じ料金にはならない。タクシー会社に寄せられるクレームの多くが迂回と接客不遇に関する事案だ。迂回はドライバーが道を見違えた場合や、料金がいつもと違うという理由でクレームとなる。また、接客不遇の内容を見てみると、「お詫びをしない」「ルート確認をしない」「言い訳をする」という内容が多い。ともにドライバーに非がある場面も多いと思うが、そうならざる得ない場面があることも確かである。タクシードライバーは乗客を安全にかつ正確に目的地に送る義務がある。その安全にかつ正確にを実践するには、ドライバーの運転技術はもちろんのことであるが、乗客から出す指示も大事な要素となる。あいまいな指示が危険運転を誘発するある時、上司とその部下らしき二人組を乗せたことがあった。会話を続けながら乗って来て、行き先をなかなか告げてこない。恐らく部下の営業報告であろうか、その報告に上司は苛立ちを隠せなくなっている。Photo by iStock部下ののらりくらりの報告が続いて上司の苛立ちは頂点に達したのか、「結局どうだったんだ、結論から言え!」と声を荒らげた。部下がその言葉に項を垂れ、一瞬の沈黙ができた時にようやく行き先を尋ねた。すると、「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
お互いの対応の違いで、いい乗客・嫌な乗客、いいドライバー・嫌なドライバーになり得るのだ。このようなやりとりの場面はいくらでもある。人生同じ日がないように、道も同じ日はない恐らく多くのタクシードライバーは、道を間違えてないか、遠回りをしていないか、いつもひやひやしながら運転をしている。後部座席で溜息や舌打ちをつかれると尚更である。恐る恐るルームミラーで乗客を見ると、スマートフォンを見ながらでの行為とわかって胸を撫で下ろすこともしばしば。一方、乗客からしてもわざと遠回りしていないかと疑心暗鬼になるときもあるであろう。時々、「前に乗ったときと料金が違う」という指摘を受け疑いの目を向けられることがある。ただ、タクシーの料金形態を理解していない人は意外に多い。参考までにタクシーの料金形態は以下のとおりである。 表からわかるように、タクシー料金は距離だけではなく時間にもかかる場合がある。したがって、同じルートを通っても渋滞や信号の影響などで必ずしも同じ料金にはならない。タクシー会社に寄せられるクレームの多くが迂回と接客不遇に関する事案だ。迂回はドライバーが道を見違えた場合や、料金がいつもと違うという理由でクレームとなる。また、接客不遇の内容を見てみると、「お詫びをしない」「ルート確認をしない」「言い訳をする」という内容が多い。ともにドライバーに非がある場面も多いと思うが、そうならざる得ない場面があることも確かである。タクシードライバーは乗客を安全にかつ正確に目的地に送る義務がある。その安全にかつ正確にを実践するには、ドライバーの運転技術はもちろんのことであるが、乗客から出す指示も大事な要素となる。あいまいな指示が危険運転を誘発するある時、上司とその部下らしき二人組を乗せたことがあった。会話を続けながら乗って来て、行き先をなかなか告げてこない。恐らく部下の営業報告であろうか、その報告に上司は苛立ちを隠せなくなっている。Photo by iStock部下ののらりくらりの報告が続いて上司の苛立ちは頂点に達したのか、「結局どうだったんだ、結論から言え!」と声を荒らげた。部下がその言葉に項を垂れ、一瞬の沈黙ができた時にようやく行き先を尋ねた。すると、「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
恐らく多くのタクシードライバーは、道を間違えてないか、遠回りをしていないか、いつもひやひやしながら運転をしている。後部座席で溜息や舌打ちをつかれると尚更である。恐る恐るルームミラーで乗客を見ると、スマートフォンを見ながらでの行為とわかって胸を撫で下ろすこともしばしば。一方、乗客からしてもわざと遠回りしていないかと疑心暗鬼になるときもあるであろう。時々、「前に乗ったときと料金が違う」という指摘を受け疑いの目を向けられることがある。ただ、タクシーの料金形態を理解していない人は意外に多い。参考までにタクシーの料金形態は以下のとおりである。 表からわかるように、タクシー料金は距離だけではなく時間にもかかる場合がある。したがって、同じルートを通っても渋滞や信号の影響などで必ずしも同じ料金にはならない。タクシー会社に寄せられるクレームの多くが迂回と接客不遇に関する事案だ。迂回はドライバーが道を見違えた場合や、料金がいつもと違うという理由でクレームとなる。また、接客不遇の内容を見てみると、「お詫びをしない」「ルート確認をしない」「言い訳をする」という内容が多い。ともにドライバーに非がある場面も多いと思うが、そうならざる得ない場面があることも確かである。タクシードライバーは乗客を安全にかつ正確に目的地に送る義務がある。その安全にかつ正確にを実践するには、ドライバーの運転技術はもちろんのことであるが、乗客から出す指示も大事な要素となる。あいまいな指示が危険運転を誘発するある時、上司とその部下らしき二人組を乗せたことがあった。会話を続けながら乗って来て、行き先をなかなか告げてこない。恐らく部下の営業報告であろうか、その報告に上司は苛立ちを隠せなくなっている。Photo by iStock部下ののらりくらりの報告が続いて上司の苛立ちは頂点に達したのか、「結局どうだったんだ、結論から言え!」と声を荒らげた。部下がその言葉に項を垂れ、一瞬の沈黙ができた時にようやく行き先を尋ねた。すると、「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
時々、「前に乗ったときと料金が違う」という指摘を受け疑いの目を向けられることがある。ただ、タクシーの料金形態を理解していない人は意外に多い。参考までにタクシーの料金形態は以下のとおりである。 表からわかるように、タクシー料金は距離だけではなく時間にもかかる場合がある。したがって、同じルートを通っても渋滞や信号の影響などで必ずしも同じ料金にはならない。タクシー会社に寄せられるクレームの多くが迂回と接客不遇に関する事案だ。迂回はドライバーが道を見違えた場合や、料金がいつもと違うという理由でクレームとなる。また、接客不遇の内容を見てみると、「お詫びをしない」「ルート確認をしない」「言い訳をする」という内容が多い。ともにドライバーに非がある場面も多いと思うが、そうならざる得ない場面があることも確かである。タクシードライバーは乗客を安全にかつ正確に目的地に送る義務がある。その安全にかつ正確にを実践するには、ドライバーの運転技術はもちろんのことであるが、乗客から出す指示も大事な要素となる。あいまいな指示が危険運転を誘発するある時、上司とその部下らしき二人組を乗せたことがあった。会話を続けながら乗って来て、行き先をなかなか告げてこない。恐らく部下の営業報告であろうか、その報告に上司は苛立ちを隠せなくなっている。Photo by iStock部下ののらりくらりの報告が続いて上司の苛立ちは頂点に達したのか、「結局どうだったんだ、結論から言え!」と声を荒らげた。部下がその言葉に項を垂れ、一瞬の沈黙ができた時にようやく行き先を尋ねた。すると、「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
表からわかるように、タクシー料金は距離だけではなく時間にもかかる場合がある。したがって、同じルートを通っても渋滞や信号の影響などで必ずしも同じ料金にはならない。タクシー会社に寄せられるクレームの多くが迂回と接客不遇に関する事案だ。迂回はドライバーが道を見違えた場合や、料金がいつもと違うという理由でクレームとなる。また、接客不遇の内容を見てみると、「お詫びをしない」「ルート確認をしない」「言い訳をする」という内容が多い。ともにドライバーに非がある場面も多いと思うが、そうならざる得ない場面があることも確かである。タクシードライバーは乗客を安全にかつ正確に目的地に送る義務がある。その安全にかつ正確にを実践するには、ドライバーの運転技術はもちろんのことであるが、乗客から出す指示も大事な要素となる。あいまいな指示が危険運転を誘発するある時、上司とその部下らしき二人組を乗せたことがあった。会話を続けながら乗って来て、行き先をなかなか告げてこない。恐らく部下の営業報告であろうか、その報告に上司は苛立ちを隠せなくなっている。Photo by iStock部下ののらりくらりの報告が続いて上司の苛立ちは頂点に達したのか、「結局どうだったんだ、結論から言え!」と声を荒らげた。部下がその言葉に項を垂れ、一瞬の沈黙ができた時にようやく行き先を尋ねた。すると、「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
表からわかるように、タクシー料金は距離だけではなく時間にもかかる場合がある。したがって、同じルートを通っても渋滞や信号の影響などで必ずしも同じ料金にはならない。タクシー会社に寄せられるクレームの多くが迂回と接客不遇に関する事案だ。迂回はドライバーが道を見違えた場合や、料金がいつもと違うという理由でクレームとなる。また、接客不遇の内容を見てみると、「お詫びをしない」「ルート確認をしない」「言い訳をする」という内容が多い。ともにドライバーに非がある場面も多いと思うが、そうならざる得ない場面があることも確かである。タクシードライバーは乗客を安全にかつ正確に目的地に送る義務がある。その安全にかつ正確にを実践するには、ドライバーの運転技術はもちろんのことであるが、乗客から出す指示も大事な要素となる。あいまいな指示が危険運転を誘発するある時、上司とその部下らしき二人組を乗せたことがあった。会話を続けながら乗って来て、行き先をなかなか告げてこない。恐らく部下の営業報告であろうか、その報告に上司は苛立ちを隠せなくなっている。Photo by iStock部下ののらりくらりの報告が続いて上司の苛立ちは頂点に達したのか、「結局どうだったんだ、結論から言え!」と声を荒らげた。部下がその言葉に項を垂れ、一瞬の沈黙ができた時にようやく行き先を尋ねた。すると、「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
表からわかるように、タクシー料金は距離だけではなく時間にもかかる場合がある。したがって、同じルートを通っても渋滞や信号の影響などで必ずしも同じ料金にはならない。タクシー会社に寄せられるクレームの多くが迂回と接客不遇に関する事案だ。迂回はドライバーが道を見違えた場合や、料金がいつもと違うという理由でクレームとなる。また、接客不遇の内容を見てみると、「お詫びをしない」「ルート確認をしない」「言い訳をする」という内容が多い。ともにドライバーに非がある場面も多いと思うが、そうならざる得ない場面があることも確かである。タクシードライバーは乗客を安全にかつ正確に目的地に送る義務がある。その安全にかつ正確にを実践するには、ドライバーの運転技術はもちろんのことであるが、乗客から出す指示も大事な要素となる。あいまいな指示が危険運転を誘発するある時、上司とその部下らしき二人組を乗せたことがあった。会話を続けながら乗って来て、行き先をなかなか告げてこない。恐らく部下の営業報告であろうか、その報告に上司は苛立ちを隠せなくなっている。Photo by iStock部下ののらりくらりの報告が続いて上司の苛立ちは頂点に達したのか、「結局どうだったんだ、結論から言え!」と声を荒らげた。部下がその言葉に項を垂れ、一瞬の沈黙ができた時にようやく行き先を尋ねた。すると、「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
タクシー会社に寄せられるクレームの多くが迂回と接客不遇に関する事案だ。迂回はドライバーが道を見違えた場合や、料金がいつもと違うという理由でクレームとなる。また、接客不遇の内容を見てみると、「お詫びをしない」「ルート確認をしない」「言い訳をする」という内容が多い。ともにドライバーに非がある場面も多いと思うが、そうならざる得ない場面があることも確かである。タクシードライバーは乗客を安全にかつ正確に目的地に送る義務がある。その安全にかつ正確にを実践するには、ドライバーの運転技術はもちろんのことであるが、乗客から出す指示も大事な要素となる。あいまいな指示が危険運転を誘発するある時、上司とその部下らしき二人組を乗せたことがあった。会話を続けながら乗って来て、行き先をなかなか告げてこない。恐らく部下の営業報告であろうか、その報告に上司は苛立ちを隠せなくなっている。Photo by iStock部下ののらりくらりの報告が続いて上司の苛立ちは頂点に達したのか、「結局どうだったんだ、結論から言え!」と声を荒らげた。部下がその言葉に項を垂れ、一瞬の沈黙ができた時にようやく行き先を尋ねた。すると、「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
タクシードライバーは乗客を安全にかつ正確に目的地に送る義務がある。その安全にかつ正確にを実践するには、ドライバーの運転技術はもちろんのことであるが、乗客から出す指示も大事な要素となる。あいまいな指示が危険運転を誘発するある時、上司とその部下らしき二人組を乗せたことがあった。会話を続けながら乗って来て、行き先をなかなか告げてこない。恐らく部下の営業報告であろうか、その報告に上司は苛立ちを隠せなくなっている。Photo by iStock部下ののらりくらりの報告が続いて上司の苛立ちは頂点に達したのか、「結局どうだったんだ、結論から言え!」と声を荒らげた。部下がその言葉に項を垂れ、一瞬の沈黙ができた時にようやく行き先を尋ねた。すると、「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
ある時、上司とその部下らしき二人組を乗せたことがあった。会話を続けながら乗って来て、行き先をなかなか告げてこない。恐らく部下の営業報告であろうか、その報告に上司は苛立ちを隠せなくなっている。Photo by iStock部下ののらりくらりの報告が続いて上司の苛立ちは頂点に達したのか、「結局どうだったんだ、結論から言え!」と声を荒らげた。部下がその言葉に項を垂れ、一瞬の沈黙ができた時にようやく行き先を尋ねた。すると、「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
Photo by iStock部下ののらりくらりの報告が続いて上司の苛立ちは頂点に達したのか、「結局どうだったんだ、結論から言え!」と声を荒らげた。部下がその言葉に項を垂れ、一瞬の沈黙ができた時にようやく行き先を尋ねた。すると、「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
部下ののらりくらりの報告が続いて上司の苛立ちは頂点に達したのか、「結局どうだったんだ、結論から言え!」と声を荒らげた。部下がその言葉に項を垂れ、一瞬の沈黙ができた時にようやく行き先を尋ねた。すると、「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
「とりあえず行って」の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
の一言。今さっき部下に掛けた言葉は何だったのか……と思い、車を走らせたことがある。目的地もわからずに……、だ。 このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
このように行き先を告げずに「とりあえず行って」という乗客は意外に多い。中には「急いで」という言葉をつける乗客もいるし、終いには「どこに行ってるの、通り過ぎちゃったよ」とお叱りを受けることも。ここで「お客様のご指示通りです」と言ったものなら『言い訳をする』というクレームも入りかねない。もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
もちろん「行き先を告げてもらわないと困ります」と最初に尋ねるが、「とりあえず真っ直ぐ」の一言で返され、それ以上聞くとクレームの上塗りになる。このような場合は、乗客の咄嗟の指示が多くなり、急発進、急ブレーキ、急ハンドルという場面が増え、危険極まりない運転となる。「安全運転し過ぎるよね」って、何?「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
「運転手さん、安全運転が過ぎるよね」と言われたことがあった。褒められているのか、貶されているのか……。その時は乗客の口調で後者であると感じたが、「安全運転が過ぎる」とはどういうことか。タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
タクシードライバーにとって、あまり言ってほしくない指示の1つに「急いで」というワードがある。そのワードでドライバーの平常心は失われ危険運転につながる恐れが増す。急いでという指示が多いためか「乗客は急いでいるもの」と認識しているドライバーも数多く存在する。しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
しかし、タクシーに乗ったら、今日初めて会った見ず知らずの人に命を預けていることを忘れないでほしい。無論、タクシードライバーもその責任を感じなければならない。 本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
本来、乗客から見て避けたほうがいいタクシーは、まさに目的地までのルート確認をしない、ルールお構いなしに猛スピードをかっ飛ばす運転をするようなドライバーであろう。そんなタクシーを避ければ、多くのトラブルは解消されると思う。しかし、それはタクシーに乗ってみなければわからない。ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
ならば危険な目にあう前に、自ら安全運転につながる的確な指示を出してみてはいかがだろうか。「何で乗客の私が」と思うかもしれない。シートベルトもしかり、タクシードライバーのためではなく、それはあくまでも自分の命を守るためにある。事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
事故や渋滞、予期せぬ交通規制など不確かな要素が多い公道を走るタクシー。もしも早さを求めるのであれば理に反している乗り物なのかもしれない。タクシーは単なる交通機関ではなく「不動産業」よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
よくタクシーは公共交通機関か?という議論があがることがある。やはり営利が絡むとなんとも言えない。今後、展開されるであろう事前確定運賃※などの明確化された料金システムが確立されるかにかかってくるであろう。※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
※ 事前確定運賃:事前にタクシー送迎の経路や運賃を確定させ注文することができるシステムしかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
しかし、それ以前にタクシーは交通機関かという議論もなくはない。マクドナルドのレイ・ロックが「マクドナルドは飲食店ではなく不動産だ」と言ったように、タクシーも移動しながら空間を提供する不動産業に近いのではないであろうか。 何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
何も近くて早いルートが最良とは限らない。あえて遠回りするルートもある。そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
そこには、今後の行く末を案じ神社に手を合わせる人、自分の子供が通っているのかそれども自分の母校で思い出に浸っているのか小学校を愛おしく眺める人、大切な人が入院しているのか病院をじっーと見つめる人、それぞれが思い思いに過ごす空間があるのだ。人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。
人それぞれの生き方があるように、タクシーに乗っても人それぞれの行き方がある。