施設職員が故意に3回目接種か「2回接種とは、ファイザーとモデルナを打つことだと思った」

前橋市は13日、市内に住む高齢者施設職員の50歳代男性が、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種を故意に受けた可能性があると発表した。
市ワクチン接種推進室によると、男性は6月に宇都宮市にある勤務先の高齢者施設で米ファイザー製ワクチンを2回接種していたが、前橋市から届いた接種券で、予診票には「初めての接種」と記入し、県内の集団接種会場で9月に米モデルナ製ワクチンの接種を受けた。記録システムにエラーが出たため、3回目の接種と判明した。市の調査に対し、男性は「2回の接種とは、ファイザー製とモデルナ製を打つ必要があると思っていた」と弁明しているという。