「台風14号」の影響に注意 今週末は西・東・北日本で大雨の恐れも

強い台風14号は、東シナ海でほとんど停滞。17日(金)頃から台風は北北東へ進み、18日(土)は日本海で温帯低気圧に変わる予想です。今週末は西日本から北日本で大雨となる恐れがあります。
台風14号の進路
14日(火)、強い台風14号は東シナ海でほとんど停滞しています。16日(木)にかけても動きは遅く、東シナ海でほとんど停滞するでしょう。その後はまだ予報円が大きく、進路や進む速度の予想に幅があるような状況ですが、17日(金)頃から北北東へ進み、18日(土)には日本海で温帯低気圧に変わる予想です。台風は次第に低気圧に変わりますが、熱帯由来の暖かく湿った空気を本州付近にも運び込むでしょう。今週末を中心に西日本から北日本では大雨となる恐れがあります。
今週末は大雨の恐れ

九州から近畿は18日(土)にかけて雨の降る日が多いでしょう。14日(火)は九州を中心に発達した雨雲がかかり、非常に激しい雨の降る所がありそうです。また、17日(金)から18日(土)頃は九州から近畿の所々で雨雲が発達し、大雨となる恐れがあります。沿岸部では風の強まる所もあるでしょう。東海や関東も今週末にかけて曇りや雨の天気で、17日(金)から18日(土)頃は雨脚が強まり、雨量が多くなる可能性があります。北陸から北海道も17日(金)から18日(土)は雨雲が流れ込むでしょう。発達した雨雲がかかり、雨量が多くなる恐れもあります。今後も最新の台風情報、気象情報にご注意ください。