病院側に1億円超賠償命令、神戸 鎮静剤投与で過失

神戸市立医療センター中央市民病院で2013年、患者の女性(55)が手術後に植物状態になったのは医師らの不適切な対応が原因だとして、女性と夫が病院側に約1億5千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で神戸地裁(斎藤聡裁判長)は16日、鎮静剤の投与を巡り過失があったとして約1億3800万円の支払いを命じた。
斎藤裁判長は、鎮静剤の影響で女性が低酸素状態になりやすいことは医師らも認識していたが、注意義務を怠り、治療を中止せず急速に投与する過失があったと認めた。
病院側は「判決文が届いていないのでコメントは差し控える」とした。