新幹線運休の原因は消毒液か…検知器が反応したワケ

運転士らからアルコールが検知され、山陽新幹線が一部運休した問題。ロッカーに保管されていた消毒用スプレーに反応したんですが、なぜそんなことが起きたのでしょうか。
「アルコールの検知機」。本来「飲酒」を調べるものですが「酒」ではなく「消毒液」をスプレーした後、息を吹き掛けると…。警報音が鳴りました。除菌用スプレーでアルコールを検知しました。
実はこれ、設計通りの反応。消毒液には、酒と同様「エタノール」が含まれていて、これを検知しています。この感度の良さが騒動を招きました。
山陽新幹線で起きたトラブル。27日朝「男性運転士」と「女性車掌」の呼気からアルコール成分が出ました。時間をおいて測定し直しても反応は消えず、最大14分の遅れが出ました。
原因を調べるなか浮上したのが、消毒液。
JR西日本新幹線鉄道事業本部・鶴原修課長:「携行スプレーの内用液が漏れていたということが判明し、それに伴い、検知器が反応したものと」
スプレーは「コロナ対策用」の「消毒液」。車掌のカバンに入れられ、ふたが外れていました。
検知器は斜め上にあり「消毒液の成分に反応」したというのです。そんなことがあり得るのか。メーカーは…。 今回の検知器を製造する東洋マーク製作所営業部・細田義人氏:「アルコール消毒液にもアルコールは含まれているので(検知器は)反応はしてしまうと思います」 これを再現したのが、冒頭の実験。消毒液をスプレーした後、息を吹き込むと検知器が反応しました。同じ実験を屋外でしても検知器は反応しませんでした。 今回の検知器を製造する東洋マーク製作所営業部・細田義人氏:「手を消毒したうえでアルコール検知器を使用することがあると思うが、よく乾かしたうえで使用して頂きたい」 メーカーは、喚起の良い所で検知器を使うよう呼び掛けています。
今回の検知器を製造する東洋マーク製作所営業部・細田義人氏:「アルコール消毒液にもアルコールは含まれているので(検知器は)反応はしてしまうと思います」 これを再現したのが、冒頭の実験。消毒液をスプレーした後、息を吹き込むと検知器が反応しました。同じ実験を屋外でしても検知器は反応しませんでした。 今回の検知器を製造する東洋マーク製作所営業部・細田義人氏:「手を消毒したうえでアルコール検知器を使用することがあると思うが、よく乾かしたうえで使用して頂きたい」 メーカーは、喚起の良い所で検知器を使うよう呼び掛けています。
これを再現したのが、冒頭の実験。消毒液をスプレーした後、息を吹き込むと検知器が反応しました。同じ実験を屋外でしても検知器は反応しませんでした。 今回の検知器を製造する東洋マーク製作所営業部・細田義人氏:「手を消毒したうえでアルコール検知器を使用することがあると思うが、よく乾かしたうえで使用して頂きたい」 メーカーは、喚起の良い所で検知器を使うよう呼び掛けています。
今回の検知器を製造する東洋マーク製作所営業部・細田義人氏:「手を消毒したうえでアルコール検知器を使用することがあると思うが、よく乾かしたうえで使用して頂きたい」 メーカーは、喚起の良い所で検知器を使うよう呼び掛けています。