ファイザー製ワクチン、10月11日以降は自治体へ個別配布

河野太郎ワクチン担当相は28日の記者会見で、新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチンの供給に関し、10月11日以降は、これまでのように2週間ごとに一律で配送するのではなく、自治体の要望に応じて必要な数量を個別に配送する考えを示した。
「(ファイザー製の供給は)各都道府県内の広域調整の状況を見ながら米モデルナ製を活用した上で、なお必要な数量を個別に届けていきたい」と語った。
政府は接種対象人口の9割に相当するワクチンを10月10日までに配分することとしている。