熱湯を5分以上…3歳児虐待容疑の男「母親を戦慄洗脳」疑惑

「シャワーの温度を徐々に上げて、驚かす遊びをしていた。60度まで上げて出しっぱなしにし、自分は別の部屋でゲームをしていた」
大阪府警の調べに対し、容疑者の男はこう供述しているというーー。
大阪府摂津市のマンションで、保育園児の新村桜利斗(おりと)ちゃん(3)が上半身が焼けただれた無残な状態で発見された。事件は、8月31日の119番通報で発覚する。
「3歳の男の子が浴室で意識を失っている。息もしていない」
通報したのは桜利斗ちゃんの母親(23)と同居していた、無職の松原拓海容疑者(23)だ。救急隊員がかけつけると、桜利斗ちゃんはリビングで全裸のまま仰向けに倒れていた。救急隊員は、その凄惨な様子に目をそむけたという。
「頭から上半身にかけて水泡ができ、皮膚が真っ赤に焼けただれていたそうです。火傷は全身に広がり、胸は皮下組織まで損傷していて、心肺停止の状態でした。搬送時にはすでに死亡しており、死後硬直が始まっていたとか……」(全国紙記者)
死因は熱傷性ショックで、桜利斗ちゃんは5分以上60度にのぼる高温の湯をかけられていたとみられる。現場の状況から、警察は殺人容疑で松原容疑者を逮捕。容疑者は、取り調べに対し「熱湯を故意に浴びせてはいない」「ビックリする姿をみたかった」と容疑を否認している。「遺体を調べると、熱湯をかけられていたにもかかわらず、桜利斗ちゃんには逃げた様子がなかったそうです。何らかの方法で動けないようにしていたか、『じっとしていろ』と命令していたのでしょう。浴室で熱い湯をかけられた後、桜利斗ちゃんはリビングで裸のまま放置されていました。松原容疑者が119番通報したのは、それから数時間後のことです。通報が遅れたのは、虐待が発覚するのを恐れたのでしょう。松原容疑者は『(桜利斗ちゃんの)身体を冷やすなどの処理をしていた』と話していますが、その痕跡はまったくありません」(同前)事件当日、桜利斗ちゃんの母親は外出して不在だった。母親と松原容疑者は、昨年10月にマッチングアプリで知り合い交際を開始。松原容疑者は実家を出て、今年5月から摂津市のマンションで同居を始めたという。だが、当初から桜利斗ちゃんへの不穏な噂が絶えなかった。「夜中にベランダから絵本が投げ落とされたり、『ギャーッ!!!』という子どもの叫び声が聞こえていたそうです。母親の知人たちも、かなり心配していました。アザやコブをつくった桜利斗ちゃんが『たっくん(松原容疑者のこと)、イヤッ!』と泣いて、帰宅を拒む様子をたびたびみていたそうですから。知人は今年6月、摂津市役所に相談します。『(松原容疑者が)子どもを叩いたり、おもちゃを投げつけている。このままでは、同居している子どもが死んでしまう』と伝えたんです」(別の全国紙記者)しかし、摂津市職員との面談で母親は奇妙な反応をする。虐待の事実はないと、知人たちの証言をくつがえすようなことを話したのだ。同居していたにもかかわらず、松原容疑者について「週に1、2回来ている」とも説明したとされる。市は「たまに来る交際相手」と認識。「同居の実態は確認できず、(恒常的な)暴行の形跡もない」と判断したという。「母親は交際スタート当初から、松原容疑者にベタ惚れだったそうです。『会社経営者でメッチャいい男』と、語っていたとか。母親の不可解な発言は、事件発覚後にも続きます。松原容疑者の供述を受け、警察にこう話しているんです。『不慮の事故で故意でない』と。恋愛対象とはいえ、実の息子を虐待し殺害した疑いのある男を、ここまでかばうとは理解に苦しみます」(同前)終始、松原容疑者をかばいつづける母親は、どんな心理状態なのだろう。元神奈川県警の刑事で、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が語る。「一種の『洗脳』だと思います。シングルマザーと内縁関係にある男性が、血縁のない子どもを虐待するケースは多くある。母親は、事件化するまで事態の深刻さに気づきません。『ヒドいな』と感じても、交際相手に嫌われたくない思いが強くガマンしてしまうんです。今回のように、事件が発覚したにもかかわらず母親が交際相手をかばうのはマレでしょう。なんらかの理由で、松原容疑者への依存度合いが相当強かったんだと思います。今後は、警察などのアフターケアが重要になる。虐待の事実を丁寧に説明し、母親への『洗脳』を解いてあげることです」事件の重大性から、大阪府の吉村洋文知事は9月24日に、外部の有識者らの「児童虐待事例等点検・検証専門部会」で経緯を検証するよう指示したと明らかにしている。
「遺体を調べると、熱湯をかけられていたにもかかわらず、桜利斗ちゃんには逃げた様子がなかったそうです。何らかの方法で動けないようにしていたか、『じっとしていろ』と命令していたのでしょう。浴室で熱い湯をかけられた後、桜利斗ちゃんはリビングで裸のまま放置されていました。松原容疑者が119番通報したのは、それから数時間後のことです。通報が遅れたのは、虐待が発覚するのを恐れたのでしょう。松原容疑者は『(桜利斗ちゃんの)身体を冷やすなどの処理をしていた』と話していますが、その痕跡はまったくありません」(同前)事件当日、桜利斗ちゃんの母親は外出して不在だった。母親と松原容疑者は、昨年10月にマッチングアプリで知り合い交際を開始。松原容疑者は実家を出て、今年5月から摂津市のマンションで同居を始めたという。だが、当初から桜利斗ちゃんへの不穏な噂が絶えなかった。「夜中にベランダから絵本が投げ落とされたり、『ギャーッ!!!』という子どもの叫び声が聞こえていたそうです。母親の知人たちも、かなり心配していました。アザやコブをつくった桜利斗ちゃんが『たっくん(松原容疑者のこと)、イヤッ!』と泣いて、帰宅を拒む様子をたびたびみていたそうですから。知人は今年6月、摂津市役所に相談します。『(松原容疑者が)子どもを叩いたり、おもちゃを投げつけている。このままでは、同居している子どもが死んでしまう』と伝えたんです」(別の全国紙記者)しかし、摂津市職員との面談で母親は奇妙な反応をする。虐待の事実はないと、知人たちの証言をくつがえすようなことを話したのだ。同居していたにもかかわらず、松原容疑者について「週に1、2回来ている」とも説明したとされる。市は「たまに来る交際相手」と認識。「同居の実態は確認できず、(恒常的な)暴行の形跡もない」と判断したという。「母親は交際スタート当初から、松原容疑者にベタ惚れだったそうです。『会社経営者でメッチャいい男』と、語っていたとか。母親の不可解な発言は、事件発覚後にも続きます。松原容疑者の供述を受け、警察にこう話しているんです。『不慮の事故で故意でない』と。恋愛対象とはいえ、実の息子を虐待し殺害した疑いのある男を、ここまでかばうとは理解に苦しみます」(同前)終始、松原容疑者をかばいつづける母親は、どんな心理状態なのだろう。元神奈川県警の刑事で、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が語る。「一種の『洗脳』だと思います。シングルマザーと内縁関係にある男性が、血縁のない子どもを虐待するケースは多くある。母親は、事件化するまで事態の深刻さに気づきません。『ヒドいな』と感じても、交際相手に嫌われたくない思いが強くガマンしてしまうんです。今回のように、事件が発覚したにもかかわらず母親が交際相手をかばうのはマレでしょう。なんらかの理由で、松原容疑者への依存度合いが相当強かったんだと思います。今後は、警察などのアフターケアが重要になる。虐待の事実を丁寧に説明し、母親への『洗脳』を解いてあげることです」事件の重大性から、大阪府の吉村洋文知事は9月24日に、外部の有識者らの「児童虐待事例等点検・検証専門部会」で経緯を検証するよう指示したと明らかにしている。
松原容疑者が119番通報したのは、それから数時間後のことです。通報が遅れたのは、虐待が発覚するのを恐れたのでしょう。松原容疑者は『(桜利斗ちゃんの)身体を冷やすなどの処理をしていた』と話していますが、その痕跡はまったくありません」(同前)事件当日、桜利斗ちゃんの母親は外出して不在だった。母親と松原容疑者は、昨年10月にマッチングアプリで知り合い交際を開始。松原容疑者は実家を出て、今年5月から摂津市のマンションで同居を始めたという。だが、当初から桜利斗ちゃんへの不穏な噂が絶えなかった。「夜中にベランダから絵本が投げ落とされたり、『ギャーッ!!!』という子どもの叫び声が聞こえていたそうです。母親の知人たちも、かなり心配していました。アザやコブをつくった桜利斗ちゃんが『たっくん(松原容疑者のこと)、イヤッ!』と泣いて、帰宅を拒む様子をたびたびみていたそうですから。知人は今年6月、摂津市役所に相談します。『(松原容疑者が)子どもを叩いたり、おもちゃを投げつけている。このままでは、同居している子どもが死んでしまう』と伝えたんです」(別の全国紙記者)しかし、摂津市職員との面談で母親は奇妙な反応をする。虐待の事実はないと、知人たちの証言をくつがえすようなことを話したのだ。同居していたにもかかわらず、松原容疑者について「週に1、2回来ている」とも説明したとされる。市は「たまに来る交際相手」と認識。「同居の実態は確認できず、(恒常的な)暴行の形跡もない」と判断したという。「母親は交際スタート当初から、松原容疑者にベタ惚れだったそうです。『会社経営者でメッチャいい男』と、語っていたとか。母親の不可解な発言は、事件発覚後にも続きます。松原容疑者の供述を受け、警察にこう話しているんです。『不慮の事故で故意でない』と。恋愛対象とはいえ、実の息子を虐待し殺害した疑いのある男を、ここまでかばうとは理解に苦しみます」(同前)終始、松原容疑者をかばいつづける母親は、どんな心理状態なのだろう。元神奈川県警の刑事で、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が語る。「一種の『洗脳』だと思います。シングルマザーと内縁関係にある男性が、血縁のない子どもを虐待するケースは多くある。母親は、事件化するまで事態の深刻さに気づきません。『ヒドいな』と感じても、交際相手に嫌われたくない思いが強くガマンしてしまうんです。今回のように、事件が発覚したにもかかわらず母親が交際相手をかばうのはマレでしょう。なんらかの理由で、松原容疑者への依存度合いが相当強かったんだと思います。今後は、警察などのアフターケアが重要になる。虐待の事実を丁寧に説明し、母親への『洗脳』を解いてあげることです」事件の重大性から、大阪府の吉村洋文知事は9月24日に、外部の有識者らの「児童虐待事例等点検・検証専門部会」で経緯を検証するよう指示したと明らかにしている。
事件当日、桜利斗ちゃんの母親は外出して不在だった。母親と松原容疑者は、昨年10月にマッチングアプリで知り合い交際を開始。松原容疑者は実家を出て、今年5月から摂津市のマンションで同居を始めたという。だが、当初から桜利斗ちゃんへの不穏な噂が絶えなかった。「夜中にベランダから絵本が投げ落とされたり、『ギャーッ!!!』という子どもの叫び声が聞こえていたそうです。母親の知人たちも、かなり心配していました。アザやコブをつくった桜利斗ちゃんが『たっくん(松原容疑者のこと)、イヤッ!』と泣いて、帰宅を拒む様子をたびたびみていたそうですから。知人は今年6月、摂津市役所に相談します。『(松原容疑者が)子どもを叩いたり、おもちゃを投げつけている。このままでは、同居している子どもが死んでしまう』と伝えたんです」(別の全国紙記者)しかし、摂津市職員との面談で母親は奇妙な反応をする。虐待の事実はないと、知人たちの証言をくつがえすようなことを話したのだ。同居していたにもかかわらず、松原容疑者について「週に1、2回来ている」とも説明したとされる。市は「たまに来る交際相手」と認識。「同居の実態は確認できず、(恒常的な)暴行の形跡もない」と判断したという。「母親は交際スタート当初から、松原容疑者にベタ惚れだったそうです。『会社経営者でメッチャいい男』と、語っていたとか。母親の不可解な発言は、事件発覚後にも続きます。松原容疑者の供述を受け、警察にこう話しているんです。『不慮の事故で故意でない』と。恋愛対象とはいえ、実の息子を虐待し殺害した疑いのある男を、ここまでかばうとは理解に苦しみます」(同前)終始、松原容疑者をかばいつづける母親は、どんな心理状態なのだろう。元神奈川県警の刑事で、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が語る。「一種の『洗脳』だと思います。シングルマザーと内縁関係にある男性が、血縁のない子どもを虐待するケースは多くある。母親は、事件化するまで事態の深刻さに気づきません。『ヒドいな』と感じても、交際相手に嫌われたくない思いが強くガマンしてしまうんです。今回のように、事件が発覚したにもかかわらず母親が交際相手をかばうのはマレでしょう。なんらかの理由で、松原容疑者への依存度合いが相当強かったんだと思います。今後は、警察などのアフターケアが重要になる。虐待の事実を丁寧に説明し、母親への『洗脳』を解いてあげることです」事件の重大性から、大阪府の吉村洋文知事は9月24日に、外部の有識者らの「児童虐待事例等点検・検証専門部会」で経緯を検証するよう指示したと明らかにしている。
「夜中にベランダから絵本が投げ落とされたり、『ギャーッ!!!』という子どもの叫び声が聞こえていたそうです。母親の知人たちも、かなり心配していました。アザやコブをつくった桜利斗ちゃんが『たっくん(松原容疑者のこと)、イヤッ!』と泣いて、帰宅を拒む様子をたびたびみていたそうですから。知人は今年6月、摂津市役所に相談します。『(松原容疑者が)子どもを叩いたり、おもちゃを投げつけている。このままでは、同居している子どもが死んでしまう』と伝えたんです」(別の全国紙記者)しかし、摂津市職員との面談で母親は奇妙な反応をする。虐待の事実はないと、知人たちの証言をくつがえすようなことを話したのだ。同居していたにもかかわらず、松原容疑者について「週に1、2回来ている」とも説明したとされる。市は「たまに来る交際相手」と認識。「同居の実態は確認できず、(恒常的な)暴行の形跡もない」と判断したという。「母親は交際スタート当初から、松原容疑者にベタ惚れだったそうです。『会社経営者でメッチャいい男』と、語っていたとか。母親の不可解な発言は、事件発覚後にも続きます。松原容疑者の供述を受け、警察にこう話しているんです。『不慮の事故で故意でない』と。恋愛対象とはいえ、実の息子を虐待し殺害した疑いのある男を、ここまでかばうとは理解に苦しみます」(同前)終始、松原容疑者をかばいつづける母親は、どんな心理状態なのだろう。元神奈川県警の刑事で、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が語る。「一種の『洗脳』だと思います。シングルマザーと内縁関係にある男性が、血縁のない子どもを虐待するケースは多くある。母親は、事件化するまで事態の深刻さに気づきません。『ヒドいな』と感じても、交際相手に嫌われたくない思いが強くガマンしてしまうんです。今回のように、事件が発覚したにもかかわらず母親が交際相手をかばうのはマレでしょう。なんらかの理由で、松原容疑者への依存度合いが相当強かったんだと思います。今後は、警察などのアフターケアが重要になる。虐待の事実を丁寧に説明し、母親への『洗脳』を解いてあげることです」事件の重大性から、大阪府の吉村洋文知事は9月24日に、外部の有識者らの「児童虐待事例等点検・検証専門部会」で経緯を検証するよう指示したと明らかにしている。
知人は今年6月、摂津市役所に相談します。『(松原容疑者が)子どもを叩いたり、おもちゃを投げつけている。このままでは、同居している子どもが死んでしまう』と伝えたんです」(別の全国紙記者)しかし、摂津市職員との面談で母親は奇妙な反応をする。虐待の事実はないと、知人たちの証言をくつがえすようなことを話したのだ。同居していたにもかかわらず、松原容疑者について「週に1、2回来ている」とも説明したとされる。市は「たまに来る交際相手」と認識。「同居の実態は確認できず、(恒常的な)暴行の形跡もない」と判断したという。「母親は交際スタート当初から、松原容疑者にベタ惚れだったそうです。『会社経営者でメッチャいい男』と、語っていたとか。母親の不可解な発言は、事件発覚後にも続きます。松原容疑者の供述を受け、警察にこう話しているんです。『不慮の事故で故意でない』と。恋愛対象とはいえ、実の息子を虐待し殺害した疑いのある男を、ここまでかばうとは理解に苦しみます」(同前)終始、松原容疑者をかばいつづける母親は、どんな心理状態なのだろう。元神奈川県警の刑事で、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が語る。「一種の『洗脳』だと思います。シングルマザーと内縁関係にある男性が、血縁のない子どもを虐待するケースは多くある。母親は、事件化するまで事態の深刻さに気づきません。『ヒドいな』と感じても、交際相手に嫌われたくない思いが強くガマンしてしまうんです。今回のように、事件が発覚したにもかかわらず母親が交際相手をかばうのはマレでしょう。なんらかの理由で、松原容疑者への依存度合いが相当強かったんだと思います。今後は、警察などのアフターケアが重要になる。虐待の事実を丁寧に説明し、母親への『洗脳』を解いてあげることです」事件の重大性から、大阪府の吉村洋文知事は9月24日に、外部の有識者らの「児童虐待事例等点検・検証専門部会」で経緯を検証するよう指示したと明らかにしている。
しかし、摂津市職員との面談で母親は奇妙な反応をする。虐待の事実はないと、知人たちの証言をくつがえすようなことを話したのだ。同居していたにもかかわらず、松原容疑者について「週に1、2回来ている」とも説明したとされる。市は「たまに来る交際相手」と認識。「同居の実態は確認できず、(恒常的な)暴行の形跡もない」と判断したという。「母親は交際スタート当初から、松原容疑者にベタ惚れだったそうです。『会社経営者でメッチャいい男』と、語っていたとか。母親の不可解な発言は、事件発覚後にも続きます。松原容疑者の供述を受け、警察にこう話しているんです。『不慮の事故で故意でない』と。恋愛対象とはいえ、実の息子を虐待し殺害した疑いのある男を、ここまでかばうとは理解に苦しみます」(同前)終始、松原容疑者をかばいつづける母親は、どんな心理状態なのだろう。元神奈川県警の刑事で、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が語る。「一種の『洗脳』だと思います。シングルマザーと内縁関係にある男性が、血縁のない子どもを虐待するケースは多くある。母親は、事件化するまで事態の深刻さに気づきません。『ヒドいな』と感じても、交際相手に嫌われたくない思いが強くガマンしてしまうんです。今回のように、事件が発覚したにもかかわらず母親が交際相手をかばうのはマレでしょう。なんらかの理由で、松原容疑者への依存度合いが相当強かったんだと思います。今後は、警察などのアフターケアが重要になる。虐待の事実を丁寧に説明し、母親への『洗脳』を解いてあげることです」事件の重大性から、大阪府の吉村洋文知事は9月24日に、外部の有識者らの「児童虐待事例等点検・検証専門部会」で経緯を検証するよう指示したと明らかにしている。
「母親は交際スタート当初から、松原容疑者にベタ惚れだったそうです。『会社経営者でメッチャいい男』と、語っていたとか。母親の不可解な発言は、事件発覚後にも続きます。松原容疑者の供述を受け、警察にこう話しているんです。『不慮の事故で故意でない』と。恋愛対象とはいえ、実の息子を虐待し殺害した疑いのある男を、ここまでかばうとは理解に苦しみます」(同前)終始、松原容疑者をかばいつづける母親は、どんな心理状態なのだろう。元神奈川県警の刑事で、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が語る。「一種の『洗脳』だと思います。シングルマザーと内縁関係にある男性が、血縁のない子どもを虐待するケースは多くある。母親は、事件化するまで事態の深刻さに気づきません。『ヒドいな』と感じても、交際相手に嫌われたくない思いが強くガマンしてしまうんです。今回のように、事件が発覚したにもかかわらず母親が交際相手をかばうのはマレでしょう。なんらかの理由で、松原容疑者への依存度合いが相当強かったんだと思います。今後は、警察などのアフターケアが重要になる。虐待の事実を丁寧に説明し、母親への『洗脳』を解いてあげることです」事件の重大性から、大阪府の吉村洋文知事は9月24日に、外部の有識者らの「児童虐待事例等点検・検証専門部会」で経緯を検証するよう指示したと明らかにしている。
終始、松原容疑者をかばいつづける母親は、どんな心理状態なのだろう。元神奈川県警の刑事で、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が語る。「一種の『洗脳』だと思います。シングルマザーと内縁関係にある男性が、血縁のない子どもを虐待するケースは多くある。母親は、事件化するまで事態の深刻さに気づきません。『ヒドいな』と感じても、交際相手に嫌われたくない思いが強くガマンしてしまうんです。今回のように、事件が発覚したにもかかわらず母親が交際相手をかばうのはマレでしょう。なんらかの理由で、松原容疑者への依存度合いが相当強かったんだと思います。今後は、警察などのアフターケアが重要になる。虐待の事実を丁寧に説明し、母親への『洗脳』を解いてあげることです」事件の重大性から、大阪府の吉村洋文知事は9月24日に、外部の有識者らの「児童虐待事例等点検・検証専門部会」で経緯を検証するよう指示したと明らかにしている。
「一種の『洗脳』だと思います。シングルマザーと内縁関係にある男性が、血縁のない子どもを虐待するケースは多くある。母親は、事件化するまで事態の深刻さに気づきません。『ヒドいな』と感じても、交際相手に嫌われたくない思いが強くガマンしてしまうんです。今回のように、事件が発覚したにもかかわらず母親が交際相手をかばうのはマレでしょう。なんらかの理由で、松原容疑者への依存度合いが相当強かったんだと思います。今後は、警察などのアフターケアが重要になる。虐待の事実を丁寧に説明し、母親への『洗脳』を解いてあげることです」事件の重大性から、大阪府の吉村洋文知事は9月24日に、外部の有識者らの「児童虐待事例等点検・検証専門部会」で経緯を検証するよう指示したと明らかにしている。
今回のように、事件が発覚したにもかかわらず母親が交際相手をかばうのはマレでしょう。なんらかの理由で、松原容疑者への依存度合いが相当強かったんだと思います。今後は、警察などのアフターケアが重要になる。虐待の事実を丁寧に説明し、母親への『洗脳』を解いてあげることです」事件の重大性から、大阪府の吉村洋文知事は9月24日に、外部の有識者らの「児童虐待事例等点検・検証専門部会」で経緯を検証するよう指示したと明らかにしている。
事件の重大性から、大阪府の吉村洋文知事は9月24日に、外部の有識者らの「児童虐待事例等点検・検証専門部会」で経緯を検証するよう指示したと明らかにしている。