高3女子が自宅で女児出産か、遺体を袋に入れ遺棄…父親がトイレ脇で発見

出産したばかりの乳児の遺体を遺棄したとして、茨城県警捜査1課は27日、県内の公立高に通う3年の女子生徒(18)を死体遺棄容疑で逮捕した。
乳児は首を圧迫されて窒息死したとみられ、県警は殺人事件の可能性もあるとみている。
発表によると、生徒は8月16日午後6時10分頃、県内の自宅敷地内で女児の遺体を透明な袋に入れて遺棄した疑い。「間違いない」といった趣旨の供述をしているという。生徒の父親が同月22日、母屋から離れたトイレ脇で遺体を発見し、近くの警察署に届け出た。県警は、生徒がトイレで出産したとみている。