今井絵理子氏が岸田新総裁の勝因解説「聞く力です」副大臣ポスト説には「自分のことは考えていません」

女性グループ「SPEED」元メンバーで自民党の今井絵理子参院議員(38)が29日、来週の臨時国会で内閣総理大臣に指名される岸田文雄新総裁(64)について大いに語った。
今井氏は総裁選で麻生太郎財務相(81)が率いる麻生派(志公会)メンバーとして、岸田氏の推薦人となり話題を集めた。
岸田氏が河野太郎氏との決選投票の末、勝利した要因をこう分析した。
「聞く力です。皆さんの声を真摯に聞いて、ていねいに説明してきたことだと思います。私の力は小さいものでしたけど、チーム岸田として一丸となれました。岸田先生は開かれた自民党を目指しているので、私も努力していきます」
岸田氏の内閣人事をめぐっては、党内で岸田応援団として活躍した今井氏が、芸能界出身の政治家として三原じゅん子参院議員(57)に続き「2人目の副大臣に就くのではないか」との声が出ている。
今井氏は「いやいや。自分のことは全然考えていません。人事は新総裁にあるので。私は地道にやらなければいけないことをしっかりやっていきます」と語った。
岸田氏は今井氏にどんなポストを準備するのか。