自民党総裁選 1回目はわずか1票差で池上彰氏も「なんと1票差!」

ジャーナリストの池上彰氏が29日、テレビ東京系「池上彰の選挙ライブ」に出演。投開票が行われた自民党総裁選の1回目で1位の岸田文雄氏と2位の河野太郎氏がわずか1票差で決選投票に進んだことに「なんと1票差」と驚きの声を上げた。
通常は映画などを放送している時間帯でのテレビ東京での生中継。午後1時40分から始まると、もちろん投開票も生中継。1回目では岸田氏、河野氏がわずか1票差だったことに池上氏も「なんと1票差」と驚きの声を上げた。
続けて「河野さんにしてみれば、議員票と、党員党友6割獲得を目指していたが、そうはならなかった」とも語り「議員票も3位になってしまった」と、河野氏は議員票で高市氏に次ぐ3位だったことにも触れた。
高市氏が議員票2位となったことには「安部前総理が非常に押した。その影響力がこういう形に出たんでしょう」と分析していた。