「ウレタンマスクやめて」…ファミレスで感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ 通じない思い

都内の企業に勤める長野芳子さん(34歳・仮名、以下同)は、4歳の娘の子育て中。普段、子供は保育園に預けている。
子供どうしが保育園の同級生だったことがきっかけで知り合った、いわゆる「ママ友」の徳田美里さんとは、お互いの家を行き来したり、一緒に子供を連れて少し離れたところにある大きな公園に行ったりと、家族ぐるみで付き合ってきた。
長野さんが言う。
「わたしはあまり人間関係も得意なほうではないんですけど、徳田さんが少し強引に誘ってくれたおかげで仲良くなれて。彼女のちょっと気の強い雰囲気にときどき戸惑うこともあったんですけど、基本的に関係は良好でした。
子供も連れて一緒にファミレスに行って、夫のグチをしゃべったり、少し気が早いですけど子供の受験をどうするか情報を共有したり、普通のママ友どうしという感じでした。でも、それがいまはちょっと気持ちが離れてしまっていて…」
新型コロナウイルスが蔓延し始めて以降、長野さんは徳田さんとの距離を感じ始めたという。
〔PHOTO〕iStock

新型コロナウイルス感染症の拡大が始まってから2年近く。感染が蔓延するなか、感染対策への意識の違いから離婚に至ってしまう「コロナ離婚」が話題になるなど、パンデミックは人間関係にも大きな影響を及ぼしてきた。
世間の母親たちがモヤモヤを感じているのは、夫婦間の意識の違いだけではない。母親たちのなかには、ママ友との「感染対策への意識」の違いに悩み、モヤモヤしている人も少なくないのだという。彼女たちはどのような悩みを抱えているのか。話を聞いた。前出の長野さんは、感染が拡大し始めた当初から徳田さんの対策に違和感を抱いていたという。「感染対策への意識がかなり違うと言えばいいんでしょうか。コロナ禍が始まったときには、保育園にお迎えに来るときも、マスクを下げて『あごマスク』状態になっていたり、そのままの状態で話しかけてきたりして、ちょっとどうなんだろうと思いました。いちおう『マスクはちゃんと鼻までつけないとダメらしいよ』と伝えると、『あー、そうなんだー』って、とりあえず聞いているそぶりは見せるんですけど、次に会ったときに何かが変わっているわけでもなく、ああ、わたしの言ってることが全然耳に入っていないんだなって思いました」 ウレタンマスクが気になる今年の春ころからデルタ株が蔓延するようになってからは、「マスクの種類」が気になって仕方なくなった。国立研究開発法人・理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」によるシミュレーションによれば、マスク着用者が吐き出す飛沫のカット率は、不織布マスクが80%、ウレタンマスクが50%、布マスクが66~82%、他人から吐き出される飛沫のカット率は、順に70%、35~45%、30~40%である。不織布マスクを使ったほうが飛沫をカットできること、感染のリスクを抑えられることは、徐々にポピュラーな情報になってきている。しかし一方で、この情報はすべての人に行き渡っているわけでもない。今年の7月中旬に子供を含めて長野さんと徳田さんがファミレスでランチをしたときには、その感覚の違いが如実に現れた。「徳田さんからランチに誘われてしまって。まだ誰もワクチンを打てていなかったですし、そもそもランチをするのもちょっと気が引けていたんですが、これまでの関係もあるしなと思って、行くことにしました。当日、『マスクを外してるときはしゃべらないようにしようか…』と遠慮気味に提案したんですが、『そこまで気にしなくてもよくない?』と言ってきて、結局、マスクを外している間にもしゃべることになってしまいました。しかも彼女はウレタンマスク。もちろん、彼女にもコロナにかかってほしくないので、『ウレタンマスクはウイルスをカットする率が低いらしいよ』と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
彼女たちはどのような悩みを抱えているのか。話を聞いた。前出の長野さんは、感染が拡大し始めた当初から徳田さんの対策に違和感を抱いていたという。「感染対策への意識がかなり違うと言えばいいんでしょうか。コロナ禍が始まったときには、保育園にお迎えに来るときも、マスクを下げて『あごマスク』状態になっていたり、そのままの状態で話しかけてきたりして、ちょっとどうなんだろうと思いました。いちおう『マスクはちゃんと鼻までつけないとダメらしいよ』と伝えると、『あー、そうなんだー』って、とりあえず聞いているそぶりは見せるんですけど、次に会ったときに何かが変わっているわけでもなく、ああ、わたしの言ってることが全然耳に入っていないんだなって思いました」 ウレタンマスクが気になる今年の春ころからデルタ株が蔓延するようになってからは、「マスクの種類」が気になって仕方なくなった。国立研究開発法人・理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」によるシミュレーションによれば、マスク着用者が吐き出す飛沫のカット率は、不織布マスクが80%、ウレタンマスクが50%、布マスクが66~82%、他人から吐き出される飛沫のカット率は、順に70%、35~45%、30~40%である。不織布マスクを使ったほうが飛沫をカットできること、感染のリスクを抑えられることは、徐々にポピュラーな情報になってきている。しかし一方で、この情報はすべての人に行き渡っているわけでもない。今年の7月中旬に子供を含めて長野さんと徳田さんがファミレスでランチをしたときには、その感覚の違いが如実に現れた。「徳田さんからランチに誘われてしまって。まだ誰もワクチンを打てていなかったですし、そもそもランチをするのもちょっと気が引けていたんですが、これまでの関係もあるしなと思って、行くことにしました。当日、『マスクを外してるときはしゃべらないようにしようか…』と遠慮気味に提案したんですが、『そこまで気にしなくてもよくない?』と言ってきて、結局、マスクを外している間にもしゃべることになってしまいました。しかも彼女はウレタンマスク。もちろん、彼女にもコロナにかかってほしくないので、『ウレタンマスクはウイルスをカットする率が低いらしいよ』と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
前出の長野さんは、感染が拡大し始めた当初から徳田さんの対策に違和感を抱いていたという。「感染対策への意識がかなり違うと言えばいいんでしょうか。コロナ禍が始まったときには、保育園にお迎えに来るときも、マスクを下げて『あごマスク』状態になっていたり、そのままの状態で話しかけてきたりして、ちょっとどうなんだろうと思いました。いちおう『マスクはちゃんと鼻までつけないとダメらしいよ』と伝えると、『あー、そうなんだー』って、とりあえず聞いているそぶりは見せるんですけど、次に会ったときに何かが変わっているわけでもなく、ああ、わたしの言ってることが全然耳に入っていないんだなって思いました」 ウレタンマスクが気になる今年の春ころからデルタ株が蔓延するようになってからは、「マスクの種類」が気になって仕方なくなった。国立研究開発法人・理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」によるシミュレーションによれば、マスク着用者が吐き出す飛沫のカット率は、不織布マスクが80%、ウレタンマスクが50%、布マスクが66~82%、他人から吐き出される飛沫のカット率は、順に70%、35~45%、30~40%である。不織布マスクを使ったほうが飛沫をカットできること、感染のリスクを抑えられることは、徐々にポピュラーな情報になってきている。しかし一方で、この情報はすべての人に行き渡っているわけでもない。今年の7月中旬に子供を含めて長野さんと徳田さんがファミレスでランチをしたときには、その感覚の違いが如実に現れた。「徳田さんからランチに誘われてしまって。まだ誰もワクチンを打てていなかったですし、そもそもランチをするのもちょっと気が引けていたんですが、これまでの関係もあるしなと思って、行くことにしました。当日、『マスクを外してるときはしゃべらないようにしようか…』と遠慮気味に提案したんですが、『そこまで気にしなくてもよくない?』と言ってきて、結局、マスクを外している間にもしゃべることになってしまいました。しかも彼女はウレタンマスク。もちろん、彼女にもコロナにかかってほしくないので、『ウレタンマスクはウイルスをカットする率が低いらしいよ』と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
「感染対策への意識がかなり違うと言えばいいんでしょうか。コロナ禍が始まったときには、保育園にお迎えに来るときも、マスクを下げて『あごマスク』状態になっていたり、そのままの状態で話しかけてきたりして、ちょっとどうなんだろうと思いました。いちおう『マスクはちゃんと鼻までつけないとダメらしいよ』と伝えると、『あー、そうなんだー』って、とりあえず聞いているそぶりは見せるんですけど、次に会ったときに何かが変わっているわけでもなく、ああ、わたしの言ってることが全然耳に入っていないんだなって思いました」 ウレタンマスクが気になる今年の春ころからデルタ株が蔓延するようになってからは、「マスクの種類」が気になって仕方なくなった。国立研究開発法人・理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」によるシミュレーションによれば、マスク着用者が吐き出す飛沫のカット率は、不織布マスクが80%、ウレタンマスクが50%、布マスクが66~82%、他人から吐き出される飛沫のカット率は、順に70%、35~45%、30~40%である。不織布マスクを使ったほうが飛沫をカットできること、感染のリスクを抑えられることは、徐々にポピュラーな情報になってきている。しかし一方で、この情報はすべての人に行き渡っているわけでもない。今年の7月中旬に子供を含めて長野さんと徳田さんがファミレスでランチをしたときには、その感覚の違いが如実に現れた。「徳田さんからランチに誘われてしまって。まだ誰もワクチンを打てていなかったですし、そもそもランチをするのもちょっと気が引けていたんですが、これまでの関係もあるしなと思って、行くことにしました。当日、『マスクを外してるときはしゃべらないようにしようか…』と遠慮気味に提案したんですが、『そこまで気にしなくてもよくない?』と言ってきて、結局、マスクを外している間にもしゃべることになってしまいました。しかも彼女はウレタンマスク。もちろん、彼女にもコロナにかかってほしくないので、『ウレタンマスクはウイルスをカットする率が低いらしいよ』と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
いちおう『マスクはちゃんと鼻までつけないとダメらしいよ』と伝えると、『あー、そうなんだー』って、とりあえず聞いているそぶりは見せるんですけど、次に会ったときに何かが変わっているわけでもなく、ああ、わたしの言ってることが全然耳に入っていないんだなって思いました」 ウレタンマスクが気になる今年の春ころからデルタ株が蔓延するようになってからは、「マスクの種類」が気になって仕方なくなった。国立研究開発法人・理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」によるシミュレーションによれば、マスク着用者が吐き出す飛沫のカット率は、不織布マスクが80%、ウレタンマスクが50%、布マスクが66~82%、他人から吐き出される飛沫のカット率は、順に70%、35~45%、30~40%である。不織布マスクを使ったほうが飛沫をカットできること、感染のリスクを抑えられることは、徐々にポピュラーな情報になってきている。しかし一方で、この情報はすべての人に行き渡っているわけでもない。今年の7月中旬に子供を含めて長野さんと徳田さんがファミレスでランチをしたときには、その感覚の違いが如実に現れた。「徳田さんからランチに誘われてしまって。まだ誰もワクチンを打てていなかったですし、そもそもランチをするのもちょっと気が引けていたんですが、これまでの関係もあるしなと思って、行くことにしました。当日、『マスクを外してるときはしゃべらないようにしようか…』と遠慮気味に提案したんですが、『そこまで気にしなくてもよくない?』と言ってきて、結局、マスクを外している間にもしゃべることになってしまいました。しかも彼女はウレタンマスク。もちろん、彼女にもコロナにかかってほしくないので、『ウレタンマスクはウイルスをカットする率が低いらしいよ』と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
ウレタンマスクが気になる今年の春ころからデルタ株が蔓延するようになってからは、「マスクの種類」が気になって仕方なくなった。国立研究開発法人・理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」によるシミュレーションによれば、マスク着用者が吐き出す飛沫のカット率は、不織布マスクが80%、ウレタンマスクが50%、布マスクが66~82%、他人から吐き出される飛沫のカット率は、順に70%、35~45%、30~40%である。不織布マスクを使ったほうが飛沫をカットできること、感染のリスクを抑えられることは、徐々にポピュラーな情報になってきている。しかし一方で、この情報はすべての人に行き渡っているわけでもない。今年の7月中旬に子供を含めて長野さんと徳田さんがファミレスでランチをしたときには、その感覚の違いが如実に現れた。「徳田さんからランチに誘われてしまって。まだ誰もワクチンを打てていなかったですし、そもそもランチをするのもちょっと気が引けていたんですが、これまでの関係もあるしなと思って、行くことにしました。当日、『マスクを外してるときはしゃべらないようにしようか…』と遠慮気味に提案したんですが、『そこまで気にしなくてもよくない?』と言ってきて、結局、マスクを外している間にもしゃべることになってしまいました。しかも彼女はウレタンマスク。もちろん、彼女にもコロナにかかってほしくないので、『ウレタンマスクはウイルスをカットする率が低いらしいよ』と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
今年の春ころからデルタ株が蔓延するようになってからは、「マスクの種類」が気になって仕方なくなった。国立研究開発法人・理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」によるシミュレーションによれば、マスク着用者が吐き出す飛沫のカット率は、不織布マスクが80%、ウレタンマスクが50%、布マスクが66~82%、他人から吐き出される飛沫のカット率は、順に70%、35~45%、30~40%である。不織布マスクを使ったほうが飛沫をカットできること、感染のリスクを抑えられることは、徐々にポピュラーな情報になってきている。しかし一方で、この情報はすべての人に行き渡っているわけでもない。今年の7月中旬に子供を含めて長野さんと徳田さんがファミレスでランチをしたときには、その感覚の違いが如実に現れた。「徳田さんからランチに誘われてしまって。まだ誰もワクチンを打てていなかったですし、そもそもランチをするのもちょっと気が引けていたんですが、これまでの関係もあるしなと思って、行くことにしました。当日、『マスクを外してるときはしゃべらないようにしようか…』と遠慮気味に提案したんですが、『そこまで気にしなくてもよくない?』と言ってきて、結局、マスクを外している間にもしゃべることになってしまいました。しかも彼女はウレタンマスク。もちろん、彼女にもコロナにかかってほしくないので、『ウレタンマスクはウイルスをカットする率が低いらしいよ』と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
国立研究開発法人・理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」によるシミュレーションによれば、マスク着用者が吐き出す飛沫のカット率は、不織布マスクが80%、ウレタンマスクが50%、布マスクが66~82%、他人から吐き出される飛沫のカット率は、順に70%、35~45%、30~40%である。不織布マスクを使ったほうが飛沫をカットできること、感染のリスクを抑えられることは、徐々にポピュラーな情報になってきている。しかし一方で、この情報はすべての人に行き渡っているわけでもない。今年の7月中旬に子供を含めて長野さんと徳田さんがファミレスでランチをしたときには、その感覚の違いが如実に現れた。「徳田さんからランチに誘われてしまって。まだ誰もワクチンを打てていなかったですし、そもそもランチをするのもちょっと気が引けていたんですが、これまでの関係もあるしなと思って、行くことにしました。当日、『マスクを外してるときはしゃべらないようにしようか…』と遠慮気味に提案したんですが、『そこまで気にしなくてもよくない?』と言ってきて、結局、マスクを外している間にもしゃべることになってしまいました。しかも彼女はウレタンマスク。もちろん、彼女にもコロナにかかってほしくないので、『ウレタンマスクはウイルスをカットする率が低いらしいよ』と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
不織布マスクを使ったほうが飛沫をカットできること、感染のリスクを抑えられることは、徐々にポピュラーな情報になってきている。しかし一方で、この情報はすべての人に行き渡っているわけでもない。今年の7月中旬に子供を含めて長野さんと徳田さんがファミレスでランチをしたときには、その感覚の違いが如実に現れた。「徳田さんからランチに誘われてしまって。まだ誰もワクチンを打てていなかったですし、そもそもランチをするのもちょっと気が引けていたんですが、これまでの関係もあるしなと思って、行くことにしました。当日、『マスクを外してるときはしゃべらないようにしようか…』と遠慮気味に提案したんですが、『そこまで気にしなくてもよくない?』と言ってきて、結局、マスクを外している間にもしゃべることになってしまいました。しかも彼女はウレタンマスク。もちろん、彼女にもコロナにかかってほしくないので、『ウレタンマスクはウイルスをカットする率が低いらしいよ』と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
しかし一方で、この情報はすべての人に行き渡っているわけでもない。今年の7月中旬に子供を含めて長野さんと徳田さんがファミレスでランチをしたときには、その感覚の違いが如実に現れた。「徳田さんからランチに誘われてしまって。まだ誰もワクチンを打てていなかったですし、そもそもランチをするのもちょっと気が引けていたんですが、これまでの関係もあるしなと思って、行くことにしました。当日、『マスクを外してるときはしゃべらないようにしようか…』と遠慮気味に提案したんですが、『そこまで気にしなくてもよくない?』と言ってきて、結局、マスクを外している間にもしゃべることになってしまいました。しかも彼女はウレタンマスク。もちろん、彼女にもコロナにかかってほしくないので、『ウレタンマスクはウイルスをカットする率が低いらしいよ』と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
今年の7月中旬に子供を含めて長野さんと徳田さんがファミレスでランチをしたときには、その感覚の違いが如実に現れた。「徳田さんからランチに誘われてしまって。まだ誰もワクチンを打てていなかったですし、そもそもランチをするのもちょっと気が引けていたんですが、これまでの関係もあるしなと思って、行くことにしました。当日、『マスクを外してるときはしゃべらないようにしようか…』と遠慮気味に提案したんですが、『そこまで気にしなくてもよくない?』と言ってきて、結局、マスクを外している間にもしゃべることになってしまいました。しかも彼女はウレタンマスク。もちろん、彼女にもコロナにかかってほしくないので、『ウレタンマスクはウイルスをカットする率が低いらしいよ』と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
「徳田さんからランチに誘われてしまって。まだ誰もワクチンを打てていなかったですし、そもそもランチをするのもちょっと気が引けていたんですが、これまでの関係もあるしなと思って、行くことにしました。当日、『マスクを外してるときはしゃべらないようにしようか…』と遠慮気味に提案したんですが、『そこまで気にしなくてもよくない?』と言ってきて、結局、マスクを外している間にもしゃべることになってしまいました。しかも彼女はウレタンマスク。もちろん、彼女にもコロナにかかってほしくないので、『ウレタンマスクはウイルスをカットする率が低いらしいよ』と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
当日、『マスクを外してるときはしゃべらないようにしようか…』と遠慮気味に提案したんですが、『そこまで気にしなくてもよくない?』と言ってきて、結局、マスクを外している間にもしゃべることになってしまいました。しかも彼女はウレタンマスク。もちろん、彼女にもコロナにかかってほしくないので、『ウレタンマスクはウイルスをカットする率が低いらしいよ』と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
しかも彼女はウレタンマスク。もちろん、彼女にもコロナにかかってほしくないので、『ウレタンマスクはウイルスをカットする率が低いらしいよ』と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
『ウレタンマスクはウイルスをカットする率が低いらしいよ』と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
と伝えました。でも…」徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
徳田さんから返ってきたのは、長野さんが予想しない、意外なひと言だった。【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。
【後編】「「うちの子に気安く触らないで」…公園で感じた「ママ友のコロナ対策」へのモヤモヤ」で詳しくお伝えする。