民泊施設拠点に大麻密売の疑い 組員ら9人逮捕 警視庁

東京都内の民泊施設などを拠点に大麻を密売したとして、警視庁組織犯罪対策5課は29日、指定暴力団住吉会系組員、中沢隆亮(りゅうすけ)(41)=東京都町田市小野路町=と、特定抗争指定暴力団山口組系組員、塚原謙司(53)=茨城県ひたちなか市東大島1=の両容疑者ら9人を大麻取締法違反(営利目的譲渡、営利目的所持)の疑いで逮捕したと発表した。
大阪の音楽事務所が大麻密売拠点か 共同所持容疑で役員ら2人逮捕
同課によると、国内最大の大麻密売グループで、中沢容疑者がリーダー格、塚原容疑者が大麻の栽培担当だったとみられる。対面せずに利用できる都内の民泊施設33カ所などを移動して拠点とし、大麻の受け渡しや保管に使っていたとみて調べる。
逮捕容疑は今年5~8月、江東区や墨田区の路上などで30~40代の男性3人に乾燥大麻計9グラムを計5万1000円で販売したなどとしている。
同課によると、中沢容疑者ら2人は容疑を否認し、塚原容疑者ら6人は容疑を認め、1人は認否を留保しているという。栽培工場として使われていた茨城県土浦市の雑居ビルなどからは、乾燥大麻約1・7キロ(末端価格1027万円)、覚醒剤16・2グラム(97万円)、大麻草84株などを押収した。同課は2020年6月以降、少なくとも全国の数百人に大麻などを販売し、3億円以上を売り上げたとみて調べる。この密売グループから大麻を買ったとして、19~51歳の男性15人も3~8月に大麻取締法違反(所持)容疑で摘発している。【安達恒太郎】